ドライバの種類

位置決め機能内蔵タイプ FLEX

運転データをドライバに設定し、上位から運転データの選択、実行をするタイプです。上位との接続、制御はI/O、Modbus(RTU) / RS-485通信、FAネットワークのいずれかでおこなえます。ネットワークコンバータ(別売)を使用することにより、CC-Link通信やMECHATROLINK通信、EtherCAT通信で制御できます。

FLEX :
FLEX(フレックス)とは、I/O制御、Modbus(RTU)制御、ネットワークコンバータ経由でのFAネットワーク制御に対応した製品の総称です。

位置決め機能内蔵タイプ

RS-485通信付きパルス列入力タイプ (AZシリーズのみ)

ドライバに対してパルスを入力することで運転を実行するタイプです。お客様がご用意する位置決めユニット(パルス発振器)からモーターの制御をおこないます。RS-485通信を使用することで、モーターのステータス情報(位置、速度、トルク、アラーム、温度など)をモニタすることができます。


サポートソフト(MEXE02)を使用することで、アラーム履歴の確認や各種状態のモニタができます。

RS-485通信付きパルス列入力タイプ(AZシリーズのみ)

パルス列入力タイプ

ドライバに対してパルスを入力することで運転を実行するタイプです。お客様がご用意する位置決めユニット(パルス発振器)からモーターのコントロールをおこないます。サポートソフト(MEXE02)を使用することで、アラーム履歴の確認や各種状態のモニタができます。

パルス列入力タイプ

ネットワーク対応ドライバ(AZシリーズのみ)

EtherNet/IP、EtherCAT通信に対応したドライバです。ネットワーク上からの直接制御が可能です。上位制御機器とドライバを通信ケーブル1本で接続するため、省配線を実現します。

ネットワーク対応ドライバ

多軸ドライバ(AZシリーズ DC電源入力のみ)

SSCNETIII/H、MECHATROLINK-III、EtherCAT ドライブプロファイルに対応した多軸ドライバです。
AZシリーズ DC電源入力のモーターと、それらを搭載している電動アクチュエータを接続できます。
2軸、3軸、4軸接続できるドライバをご用意しています。

多軸ドライバ

*
EtherCAT®はBeckhoff Automation GmbH(ドイツ)よりライセンスを受けた特許取得済み技術であり、登録商標です。
*
EtherNet/IP™はODVAの商標です。
*
MECHATROLINKはMECHATROLINK協会の登録商標です。
*
SSCNETⅢ/Hは三菱電機株式会社の登録商標です。
*
CC-LinkはCC-Link協会の登録商標です。
*
Modbus(RTU)は、Schneider Automation Inc. の登録商標です。
*
サポートソフト MEXE02は、こちらからダウンロードしていただけます。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る