おりろぐ

2018年4月17日

製造工程でのリスクを最小限に!食品機械に最適な製品のご紹介

こんにちは。
お客様ご相談センターの稲垣です。

明日から幕張メッセにて「TECHNO-FRONTIER 2018 第36回 モータ技術展」が始まります!
オリエンタルモーターも出展しておりますので、
お時間がございましたら、ぜひ当社ブースへお立ち寄りください。
皆様にお会いできるのを楽しみしています。

さて、今回は食品機械用H1グリース対応ギヤヘッドのご紹介です。

オリエンタルモーターでは食品機械用H1グリースを採用しているギヤヘッドをご用意しております。
魚や肉の加工機械、給食・お弁当の製造機械、製パン・製菓・製麺機械など、
各種食品加工機械におすすめの製品となります!

H1グリースの特徴

ギヤヘッドにNSF H1 登録食品機械用潤滑油(グリース)を採用しています。
(ギヤヘッド定格寿命 : 5000時間)
食品機械用H1グリース対応

そもそもH1グリースとは

食品機械用H1グリースとは?

NSFに「偶発的に食品に接触する可能性がある用途に使用できる潤滑剤」のカテゴリーに登録されたグリースです。

NSF(NSF International)とは

米国に本部を置く、公衆衛生及び環境に関わる、基準の開発、製品の認証、監査、教育、リスク管理などのグローバルサービスを提供する国際的な第三者認証機関です。

H1グリースを使用するメリットは

NSF H1登録製品のH1グリースを使用することでFSSC22000の認証が取得しやすくなります。

ギヤヘッドの塗装色も食品機械とマッチ!

製造工程でのリスクを最小限に抑えることができます。

ラインアップ紹介


●AC小型標準モーター 三相高効率インダクションモーター
KⅡSシリーズ 端子箱付タイプ
出力:60W

●ブラシレスモーターユニット
BMUシリーズ コネクタタイプ/BLE2シリーズ
出力:30W、60W、120W
減速比:1/5~1/200(8種類)
  

食品や化粧品などに関する生産設備、搬送装置にモーターをご検討の際には
ぜひ、併せてH1グリース対応のギヤヘッドもご検討ください。

ご不明点などございましたら、お客様ご相談センターまでご連絡ください。