キーワード検索

キーワード検索結果 合計:136件

レバーシブルモーター - 特徴

て運転できる時間は30分ですが、運転状態によっては(間欠運転など)30分以上の運転も可能となります。 簡単運転 コンデンサを接続して交流電源に接続するだけで、簡単に運転することができます。 ブレーキバックでモーターを瞬時停

https://www.orientalmotor.co.jp/products/standard_ac/rev/wk/features/

ステッピングモーター RKIIシリーズ - 特徴

発生事項を速やかに特定できます。 <アラーム種類の例> ・ 主回路加熱 ・ 過電圧 ・ 指令パルス異常 ・ 過電流 ・ 不足電圧 ・ 電解コンデンサ異常 ・ EEPROM異常 ・ CPU異常 ・ 電磁ブレーキ自動制御異常 配線が簡単 I/Oコネクタはスクリューレス化により、はんだ付け

https://www.orientalmotor.co.jp/products/stepping/rk2/features/

制御盤の内部環境トラブル防止策

ニウスの式(10℃ 2倍則)」に従うと言われており、温度が10℃高くなると寿命は半分になります。 右の図はアルミニウム電解コンデンサの例です。温度が10℃上がる(T→T+10)と、寿命が半減(L0→1/2L0)しています。 このことから、制御盤内部の温度を低く

https://www.orientalmotor.co.jp/products/topics/controlpanel/

輸出該非判定書 発行|サポート・お問い合わせ

いただけます。 発行に1週間程度かかる場合があります。余裕を持ってご依頼ください。 対象 ・ WEBサイト未掲載製品 (コンデンサ 等) ・ 一部製品 (バッテリ等の周辺機器、他社製品 等) 当社窓口 (依頼フォーム) ゲスト利用可能です。 製品情報 製品情報

https://www.orientalmotor.co.jp/support/safety/

Q24. レバーシブルモーターは「30分定格」とありますが、30分しか使用できないのですか?|Q&A検索

から図8がその結果です。 温度上昇の測定に際しては、モーター単体を宙吊りにして、熱の伝導がほとんどなく、しかもコンデンサランモーターでは温度上昇の面から最も厳しい無負荷の状態で測定しています。 ただし、特にモーターの

https://www.orientalmotor.co.jp/tech/qa/detail/0024/

Q250. C・Bモーター(クラッチ・ブレーキ付モーター)が動かなくなってしまいました。回転しない原因を確認する方法はありますか?|Q&A検索

ける必要があります。 (1) モーター部に異常がないかどうか ・ モーターへ正規の電圧が印加されていますか ・ コンデンサの接続は問題ありませんか ・ モーター線の接触不良等はありませんか ・ モーターの巻線に異常はありませんか (巻線抵

https://www.orientalmotor.co.jp/tech/qa/detail/0250/

レバーシブルモーターの構造|技術資料

運転時間と温度上昇 電磁ブレーキの構造と寿命 クラッチ・ブレーキ付モーターの構造と動作 過熱保護装置 コンデンサ トルクモーターの概要 トルクモーターの回転速度-トルク特性 海抜1000mを超える環境で使用する場合 レバーシブル

https://www.orientalmotor.co.jp/tech/reference/ac_motor02/

電磁ブレーキの構造と寿命(AC小型標準モーター)|技術資料

運転時間と温度上昇 電磁ブレーキの構造と寿命 クラッチ・ブレーキ付モーターの構造と動作 過熱保護装置 コンデンサ トルクモーターの概要 トルクモーターの回転速度-トルク特性 海抜1000mを超える環境で使用する場合 電磁ブレーキ

https://www.orientalmotor.co.jp/tech/reference/ac_motor03/

クラッチ・ブレーキ付モーターの構造と動作|技術資料

運転時間と温度上昇 電磁ブレーキの構造と寿命 クラッチ・ブレーキ付モーターの構造と動作 過熱保護装置 コンデンサ トルクモーターの概要 トルクモーターの回転速度-トルク特性 海抜1000mを超える環境で使用する場合 クラッチ・ブレ

https://www.orientalmotor.co.jp/tech/reference/ac_motor04/

過熱保護装置|技術資料

運転時間と温度上昇 電磁ブレーキの構造と寿命 クラッチ・ブレーキ付モーターの構造と動作 過熱保護装置 コンデンサ トルクモーターの概要 トルクモーターの回転速度-トルク特性 海抜1000mを超える環境で使用する場合 過熱保護装置

https://www.orientalmotor.co.jp/tech/reference/ac_motor05/

ページの先頭へ戻る