用語解説

インクリメンタル(相対移動値)方式

インクリメンタル(相対移動値)方式

ワークの現在位置または移動位置からの移動量で設定する方法です。定寸送りなど同じ移動量を繰り返しおこなう場合に適しています。


戻る

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る