Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

取り付けについて 電動スライダ

電動スライダの取り付け(設置)について

<対象>

αSTEP搭載
EASシリーズ
EZSシリーズ/EZSシリーズ クリーンルーム対応
EZSHシリーズ
EZSIIシリーズ/EZSIIシリーズ クリーンルーム対応
SPVシリーズ

電動スライダの取付方法

EASシリーズ

振動防止、スライダのたわみを考慮し、できるだけ強固な金属面へ確実に取り付けてください。
また、モーターのケーブルクランプ部やセンサ部が干渉しないように取り付けてください。

ご注意

スライダのねじは緩めたり、分解しないでください。
スライダ内部に入るねじの長さが EAS2:4mm、EAS4:6mm、EAS6:8mmを超えると、ねじが本体に接触して動作不良や破損の原因になります。
AZシリーズ搭載のEAS2の設置
 
EAS2の電動スライダを設置する際は、エンコーダが磁気の影響を受けやすいため、設置場所にご注意ください。
モーター部を並べて設置する場合は、水平・垂直方向へ、取り付ける相手方モーターの大きさ(取付角寸法)以上の距離を確保してください。または、磁気を遮蔽する隔壁などを設けてください。

EZSシリーズ/EZSシリーズ クリーンルーム対応
取付基準面を使用した設置方法
 
電動スライダ背面の取付基準面を、あらかじめ取付板に設置した位置決めピンに突き当てながら設置してください。

ガイドレール基準面を2本の位置決めピンに突き当てながら設置してください。

固定方法
 
電動スライダは、取付板の裏、および上面からねじで固定してください。

ご注意

スライダの内部に入るねじの長さが①6mm、②4mmを超えるとねじが本体に接触して、動作不良や破損の原因になります。
EZSHシリーズ

振動防止、スライダのたわみを考慮し、できるだけ強固な金属面へ確実に取り付けてください。
設置方法には、次の2つの方法があります。

電動スライダの上側から固定する方法

サイドカバーを取り外す必要があります。

1.
テーブルを中央に移動させます。

2.
サイドカバーを固定しているねじを外します。
サイドカバーを再び固定する際は、外したねじと同じものを使用してください。

3.
サイドカバーの上部を押して、斜めに傾けます。

4.
サイドカバーを斜めにしたまま、取り外します。同様にもう片方のサイドカバーも取り外します。
作業をする際は、手袋を着用してください。ステンレスシートの端面に触れて、けがをする恐れがあります。


サイドカバーを斜めにして取り外してください

5.
電動スライダでねじを固定します。

ご注意

設置の際、工具がステンレスシートの端面に触れないようにしてください。ステンレスシートに傷がつく恐れがあります。
スライダ内部に強力な磁石が取り付けられており、工具やねじを引き寄せる恐れがあります。
6.
テーブルを中央に移動させて、サイドカバーを取り付けます。
締付トルク M2.6 0.3N・m
電動スライダの下側から固定する方法
 
サイドカバーを取り外さずに、取り付けることができます。

EZSIIシリーズ/EZSIIシリーズ クリーンルーム対応
取付基準面を使用した設置方法
 
電動スライダ背面の取付基準面を、あらかじめ取付板に設置した位置決めピンに突き当てながら設置してください。

EZSシリーズ/EZSシリーズ クリーンルーム対応と同様に、ガイドレール基準面を2本の位置決めピンに突き当てながら設置してください。

固定方法
 
取付ねじでスライダの背面または上面から取付板に固定してください。

<背面からの固定>

<上面からの固定>

ご注意

取付板の平行度はガイド長さ200mmあたり0.06mm(EZS3は0.05mm)以下としてください。
水平で負荷モーメントがかからない取り付け以外は、スライダ底面のすべての取付穴を使用して固定してください。
スライダ内部に入るねじの長さが6mmを超えると、ねじが本体に接触して、動作不良や破損の原因になります。
SPVシリーズ

まずは電動スライダ本体を取り付け、その後フレームカバーを取り付けてください。

1. 付属の取付ねじで取付板に固定してください。


モーター下取付の場合は、モーターが取付面に接触しないようにしてください。

2. フレームカバーの取り付け

製品を選ぶ