Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

取り付けについて 電動スライダ

電動スライダの取り付け(設置)について

<対象>

αSTEP搭載
EASシリーズ
EZSシリーズ/EZSシリーズ クリーンルーム対応
EZSHシリーズ
EZSIIシリーズ/EZSIIシリーズ クリーンルーム対応
SPVシリーズ

負荷の取付方法

テーブルの負荷取付穴を使用して、ねじで負荷を取り付けます。

EASシリーズ

ご注意

テーブル内に入るねじの長さは必ず EAS2:6mm、EAS4:8mm、EAS6:10mm以下にしてください。
この値を上回ると、テーブルが破損してけがや機械破損の原因になります。
位置決めピンは、必ず負荷側に固定してください。位置決めピンをテーブルに打ち付けると、衝撃や過大なモーメントによって、機構部が破損する恐れがあります。
EZSシリーズ/EZSシリーズ クリーンルーム対応、EZSⅡシリーズ/EZSⅡシリーズ クリーンルーム対応

ご注意

テーブル内に入るねじの長さは必ず8mm以下にしてください。
この値を上回ると、テーブルが破損してけがや機械破損の原因になります。
EZSHシリーズ

ご注意

テーブル内に入るねじの長さは必ず7.5mm以下にしてください。
この値を上回ると、テーブルが破損してけがや機械破損の原因になります。
位置決めピンは、必ず負荷側に固定してください。位置決めピンをテーブルに打ち付けると、衝撃や過大なモーメントによって、機構部が破損する恐れがあります。
SPVシリーズ

ご注意

テーブル内に入るねじの長さは必ず SPV6:15mm、SPV8:20mm以下にしてください。
この値を上回ると、テーブルが破損してけがや機械破損の原因になります。
位置決めピンは、必ず負荷側に固定してください。位置決めピンをテーブルに打ち付けると、衝撃や過大なモーメントによって、機構部が破損する恐れがあります。

製品を選ぶ