取り付けについて スピードコントロールモーター

トルクアームを使用して取り付ける方法(JHギヤ)

当社オプションのTAF2STAF3Sを使用して、JHギヤを装置に取り付ける方法です。
取付例は回り止めに片持ちピンを使用した場合です。

トルクアームを使用して取り付ける方法(JHギヤ)

トルクアームとギヤヘッドの組み付け

モーターに付属している取付用ねじを使って、ギヤヘッドとトルクアームを組み付けることができます。

品名 ねじの呼び 締付トルク[N・m]
TAF2S-12-NSM65
TAF2S-15-NSM812
TAF3S-25-2-NS
TAF3S-30-3-NSM1024

また、ギヤヘッドの取付穴に施されたタップ穴を用いた取り付けも可能です。その際、取付用のねじはお客様にてご用意ください。

組み付け位置

組み付け用穴の3 か所のうち任意の2か所を使って、下図のように組み付けることができます。

長辺側での取付例
長辺側での取付例
短辺側での取付例
短辺側での取付例

TAF3Sは、ボス部の形状に合わせてお使いください。

装置への回り止めの取り付け

負荷軸をモーターに取り付けた後、トルクアームの回り止め用穴を使って装置に回り止めを取り付けてください。

正逆運転で使用する場合の取付方法

頻繁な起動・停止や瞬時正逆運転する場合、お客様の装置やギヤヘッドの破損防止のため、次のように取り付けてください。

回り止めはアキシアル方向に隙間がないように固定してください。
負荷軸とギヤヘッドの出力軸は、心出しを行なって無理な力が加わらないようにしてください。

正逆運転で使用する場合の取付方法

一方向運転で使用する場合の取付方法

トルクアームと回り止めは、ラジアル方向、アキシアル方向ともに十分な隙間を確保して取り付けてください。

品名トルクアーム回り止め用穴径
TAF2S-12-NSφ7mm
TAF2S-15-NSφ9mm
TAF3S-25-2-NS
TAF3S-30-3-NSφ13.5mm

一方向運転で使用する場合の取付方法

一つ前のページへ戻る

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る