Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: ステッピングモーター

機種・シリーズ: 全般

内容: 使用方法・設定方法 、異常・トラブル 、ノイズ

Q&A No.: 34

Q.
ステッピングモーターにノイズ対策をしたいのですが、どのような方法がありますか?
A.
基本的なノイズ対策としては、優先順位が高い順に以下の方法が有効です。

1. ノイズ発生源を抑える
2. ノイズが伝達されにくい環境にする
3. ノイズ受け側の耐量を上げる
■詳細

1. ノイズ発生源を抑える

発生源ごとに、ノイズレベルを下げる対策をとります。

●PE端子またはFG端子を接地する
●ノイズを吸収する機器を接続する

  • ノイズフィルタ

    電源ラインのノイズを低減します。

  • サージ電圧吸収用CR回路

    リレー接点のサージノイズを低減します。

2. ノイズが伝達されにくい環境にする

●動力線と信号線を分ける
●ケーブル長を短くする
●ノイズ源を離す
●ドレイン線付きの信号ケーブルを使用する

ドレイン線で接地することで、耐ノイズ性が向上します。
ドレイン線に端子を圧着した専用信号ケーブル(オプション)をご用意しています。
※詳しくはお問い合わせください。

ドレイン線付信号ケーブル
ドレイン線付信号ケーブル

●パルスラインをツイストペアにする

ツイストペアにすることで、外部から加わる磁力線の影響で発生する電圧(ノイズ)を相殺することができます。

  • ツイストペア線

    ツイストペア線

  • 発生電圧

  • 平行線の場合
    発生電圧が同方向のため、加算される
    ツイストペアの場合
    発生電圧が相殺される

3. ノイズ受け側の耐量を上げる

●ラインドライバ出力

ラインドライバ出力とは、専用ICを使いふたつの信号出力の電圧差でON/OFFする通信形態です。

ラインドライバ出力
ラインドライバ出力

電圧の差を見てON/OFFを判断するため、ノイズの影響を受けにくくなります。
一部シリーズでラインドライバ出力との配線を紹介しています。

オープンコレクタとラインドライバのノイズの影響
オープンコレクタとラインドライバのノイズの影響

※ラインドライバ出力とオープンコレクタ出力の違いについては、「おしえて!照代さん」でご紹介しています。

●パルス出力変換器を使用する

オープンコレクタ出力をラインドライバ出力に変換する回路です。
パルス発振ユニット(コントローラ)がオープンコレクタ出力であっても、この変換器を介在させることでラインドライバ出力に変換でき、耐ノイズ性が向上します。
※パルス出力変換器(オプション)についての詳細は、お問い合わせください。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー