Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: ファン&サーマルマネジメント

機種・シリーズ: プロペラファン

内容: 使用方法・設定方法 、設置方法・取り付け方法

Q&A No.: 202

Q.
制御盤の換気冷却にプロペラファンを使用したいと考えています。
制御盤内の部品を効率よく冷却するためにはどうすればよいですか?
A.

ファンの効果的な使用方法を以下に説明します。

1. 制御盤の上側に吐出し口、下側に吸込み口を設ける

暖かい空気は上側に、冷たい空気は下側にたまります。
制御盤の上側の吐出し口から暖かい空気を吐き出し、下側の吸込み口から冷たい空気を吸込むことで効率よく制御盤内の冷却がおこなわれます。

図1 吐出し口と吸込み口の位置
図1 吐出し口と吸込み口の位置

2. 仕切り板などを設置し、冷却したい部分に風が通るよう流路を確保する

図2では右上の部品に風が回りにくいのですが、図3のように仕切り板をつけ、風の流れる流路を確保することで右上の部品にも風が回るようになります。

  • 図2 仕切り板をつけないときの風の流れ
    図2 仕切り板をつけないときの風の流れ

  • 図3 仕切り板をつけたときの風の流れ
    図3 仕切り板をつけたときの風の流れ

風の流れの違いを動画で見る
プロペラファンの換気冷却について(仕切り板の有無による風の流れの違い)

3. ファンの近くに隙間や穴を設けない

吐出し口のファンの近くに隙間や穴がある場合は、風は冷却したい部品を通らずに隙間や穴から風が通ります。適切な風の流路を確保するためには、ファンの近くに隙間や穴を設けないでください。

図4 ファンの近くに穴がある場合の風の流れ
図4 ファンの近くに穴がある場合の風の流れ

風の流れの違いを動画で見る
プロペラファンの換気冷却について(ファンの近くに隙間がある場合の風の流れ)

4. 吐出し口と同等の大きさの吸込み口を確保する

5. ファンと壁との距離を100mm以上離す

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー