Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: スピードコントロールモーター

機種・シリーズ: DSCシリーズ

内容: 機能・特性・仕様・外形図 技術知識・資料・用語

Q&A No.: 216

Q.
ACスピードコントロールモーターを上下駆動で使用した場合、下降時に速度が速くなるのはなぜですか?
A.
ACスピードコントロールモーターの場合、レートジェネレータで検出した速度と速度設定器で設定した速度を比較し、設定通りにモーターが回転するようにモーターに印加する電圧を制御しています。

制御ブロック図

速度制御の原理としては、以下のようになります。
 ①速度指令信号 > 速度フィードバック信号 : 印加電圧を上げる(モーター発生トルクを大きくする)
 ②速度指令信号 < 速度フィードバック信号 : 印加電圧を下げる(モーター発生トルクを小さくする)
ただし、今回のように上下駆動の場合、上昇時は上記①と②を交互に行い速度制御ができますが、下降時については、上記②の状態となっても、重力の影響で速度が下がらず、印加電圧が0Vの状態でもモーターが回転し続けるため、結果として速度制御ができず、速い速度で回されてしまいます。
ACスピードコントロールモーターで上下駆動時に速度制御が出来る製品は、DSCシリーズ 電磁ブレーキ付タイプのみとなります。
この製品の場合、下降時に上記②の状態となると、スピードコントローラからモーターへブレーキ電流を流すことで速度を下げる減速制御機能があるため、上下駆動時でも速度制御が可能となります。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー