Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ:  ステッピングモーター電動アクチュエータ

機種・シリーズ:  AZシリーズ、ARシリーズ、電動アクチュエータ AZシリーズ搭載、電動アクチュエータ ARシリーズ搭載

内容:  使用方法・設定方法

Q&A No.: 239

Q.
ARシリーズ・AZシリーズの、電磁ブレーキ付きタイプを動作中に停止させるとき、C-ON入力をOFFしてモーターを止めてもいいですか?
A.

モーター停止に、C-ON入力を使用しないでください。
理由は、使用する機種により、以下のように異なります。

AZシリーズ、およびARD-A(D)、ARD-C(D)、ARD-S、ARD-KD

運転中にC-ON入力をOFFにすると、モーターの運転中に電磁ブレーキが作動します。
その後、励磁がOFFになり、モーターは電磁ブレーキを引きずりながら、最終的に停止します。

このように、電磁ブレーキは、モーター励磁がOFFになる前にはたらくよう設計されています。
停止時にC-ON入力がOFFになった場合に、電磁ブレーキが先にはたらくことで、ワーク落下を防止するためです。

つまり、AZシリーズやARシリーズに使用している電磁ブレーキの目的は、あくまでモーター停止時のワークを保持するためであり、ブレーキライニングのついた制動用の電磁ブレーキとは構造が異なります。

そのため、慣性のはたらいているモーターを摩擦で無理に止めようとすると、ブレーキ部に負担がかかり、寿命に影響したり、最悪破損したりする恐れがあります。

ARD-K

電磁ブレーキは外部制御(上位システムなど、外部電源で制御)します。そのため、C-ONをOFFにした後、すぐに電磁ブレーキを作動する制御を組んだ場合は、上記と同じような問題が起こります。

もしくは、C-ONをOFFした後も、電磁ブレーキを作動しないシーケンスの場合、保持力のないモーターは位置を保つことができなくなります。特に上下駆動の場合は、ワークが落下してしまいます。

ワーク落下時にモーターが発電機となり、逆起電力がドライバにかかります。
このときの逆起電力(回生電圧)は距離や速度に応じて大きくなり、場合によってはドライバの過電圧アラームが発生し、最悪ドライバが破損する恐れがあります。

ARD-□(D)はARシリーズのドライバ品名です

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • モーター品名から選ぶ ケーブル選定ツール
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • ソリューション事例・活用提案
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー