Q&A

製品カテゴリ: αSTEP 、電動アクチュエータ

機種・シリーズ: AZシリーズ 、電動アクチュエータ AZシリーズ搭載

内容: 使用方法・設定方法 、機能・特性・仕様・外形図

Q&A No.: 285

Q.
AZシリーズでのModbus通信で、連続していないレジスタアドレスのデータを1回で設定できますか?
A.

間接参照を使用して1回で設定することができます。

間接参照は、送信専用のアドレス(間接参照アドレス)にデータを格納して設定する方法です。
設定したいデータのアドレスが連続していなくても、間接参照アドレスが連続しているため、1つのクエリで送信できます。

<間接参照の概要>

間接参照エリアが4928(1340h)~4991(137Fh)まで用意されており、自由に割当ができます。
Modbus(RTU)では一度に設定できるのは連続したアドレスに限るため、不要なアドレスを飛ばせません。
このエリアに読み書きしたいアドレスを連続で並べることで、必要なデータのみを1回で設定することができます。

間接参照

連続したアドレスのため、一度に読み書きできます

<設定例>

ドライバ出力・検出位置・トルクモニタを読み出す場合の例です。

設定例

サポートソフトMEXE02の間接参照対象アドレスに設定をします。

MEXE02設定例

読み出しのクエリとレスポンスは以下のようになります。

クエリ

フィールド名称
データ
内容
スレーブアドレス
01h
スレーブアドレス1
ファンクションコード
03h
保持レジスタからの読み出し
データ
レジスタアドレス(上位)
13h
読み出しの起点となるレジスタアドレス
※今回は間接参照エリア0
レジスタアドレス(下位)
40h
レジスタ数(上位)
00h
起点のレジスタアドレスから読み出すレジスタの数
※「ドライバ出力状態」、「検出位置」、「トルクモニタ」の上位・下位で計6個(=0006h)
レジスタ数(下位)
06h
エラーチェック(下位)
C0h
CRC-16 の計算結果
エラーチェック(上位)
98h

レスポンス ※□□は読み出し値によって異なります

フィールド名称
データ
内容
スレーブアドレス
01h
クエリと同じ値
ファンクションコード
03h
クエリと同じ値
データ
データバイト数
0Ch
クエリのレジスタ数の2倍の値
(6×2=12個=000Ch)
レジスタアドレスのリード値(上位)
□□h
レジスタアドレス1340hの読み出し値
※今回はドライバ出力状態(上位)
レジスタアドレスのリード値(下位)
□□h
レジスタアドレス+1のリード値(上位)
□□h
レジスタアドレス1341hの読み出し値
※今回はドライバ出力状態(下位)
レジスタアドレス+1のリード値(下位)
□□h
レジスタアドレス+2のリード値(上位)
□□h
レジスタアドレス1342hの読み出し値
※今回は検出位置(上位)
レジスタアドレス+2のリード値(下位)
□□h
レジスタアドレス+3のリード値(上位)
□□h
レジスタアドレス1343hの読み出し値
※今回は検出位置(下位)
レジスタアドレス+3のリード値(下位)
□□h
レジスタアドレス+4のリード値(上位)
□□h
レジスタアドレス1344hの読み出し値
※今回はトルクモニタ(上位)
レジスタアドレス+4のリード値(下位)
□□h
レジスタアドレス+5のリード値(上位)
□□h
レジスタアドレス1345hの読み出し値
※今回はトルクモニタ(下位)
レジスタアドレス+5のリード値(下位)
□□h
エラーチェック(下位)
□□h
CRC-16 の計算結果
エラーチェック(上位)
□□h

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る