Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: 電動アクチュエータ

機種・シリーズ: 電動アクチュエータ AZシリーズ搭載

内容: 使用方法・設定方法、異常・トラブル

Q&A No.: 314

Q.
AZシリーズ搭載 DGIIシリーズで、0~180°の往復運転をおこないます。
その際、機構上で1回転させたくないのに、1回転してしまいます。なぜですか?
A.
出荷時の座標範囲設定が影響しているためです。
DGIIシリーズの出荷時の座標範囲は-180.00°~+179.99°となっています。
0.00°から+180.00°の運転をおこなった場合の停止位置は、180.00°ではなく-180.00°の位置で止まります。
0.00°から+180.00°の運転をおこなった場合の停止位置
そのため、0.00°に戻る運転をおこなった場合、往復の動きで戻らずに、一回転するという現象が起こります。
0.00°に戻る運転をおこなった場合
例えば、座標範囲を0.00°から359.99°に設定することで、往復運転が可能となります。
その場合の設定は、「初期座標生成・ラウンドオフセット比率設定」を「0%」にしてください。
往復運転
データ設定ソフトMEXE02で「初期座標生成・ラウンドオフセット比率設定」を「0%」にする設定方法は、 当社WEBサイトの使い方ナビをご参照ください。
ラウンド機能設定(AZシリーズ搭載 中空ロータリーアクチュエータ DGⅡシリーズ)

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー