Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: ステッピングモーター 、電動アクチュエータ

機種・シリーズ: AZシリーズ、電動アクチュエータ AZシリーズ搭載

内容: 使用方法・設定方法 、機能・特性・仕様・外形図

Q&A No.: 326

Q.
AZシリーズのTLC出力がONする条件を教えてください。また、押し当て運転だけでなく、連続運転(速度制御)方式でもTLC出力ははたらきますか?
A.
TLC出力がONする条件は、パラメータの「カレントコントロールモード」で設定している、電流制御モードによって異なります。
(1)「α制御モード(CST)」のとき
(※パラメータを「CCM入力の設定に従う」に設定し、かつCCM入力をOFFしているときを含む)
TLC出力は、指令位置と検出位置の偏差量が±1.8°以上のときONします。
指令位置と検出位置は、元となるモーター軸上の位置を基準としています。設定している分解能や、モーターのギヤードタイプ、および電動アクチュエータのリードの影響を受けません。
(2)「サーボエミュレーションモード(SVE)」のとき
(※パラメータを「CCM入力の設定に従う」に設定し、かつCCM入力をONしているときを含む)
TLC出力は、(1)の条件かつ、モーターの運転電流が、運転データの「運転電流」の値 × パラメータの「サーボエミュレーション(SVE)比率」の値に達したときONします。
そのため、「サーボエミュレーション(SVE)比率」を0%に設定している場合は、(1)のα制御モードと同じ条件でTLC出力がはたらきます。
上記のTLC出力のON条件は、位置決め運転、連続運転などの運転の種類にかかわらず共通です。
したがって、連続運転(速度制御)方式で駆動した場合も、同じ条件でTLC出力がONします。

製品を選ぶ