Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: ステッピングモーター 、電動アクチュエータ

機種・シリーズ: AZシリーズ、電動アクチュエータ AZシリーズ搭載

内容: 使用方法・設定方法 、機能・特性・仕様・外形図

Q&A No.: 331

Q.
AZシリーズで、Modbus(RTU) RS-485通信を使用します。
運転データNo.0の「位置」に負の値を設定するにはどうすればよいですか?
A.

例として、位置に-1000を設定したい場合、-1000は16進数で表現すると FF FF FC 18h になります。

「位置」を設定するためのレジスタアドレスは、基準アドレス+2(上位)、基準アドレス+3(下位)で指示されます。
また、運転データNo.0の基準アドレスは1800hです。
よって、運転データNo.0の「位置」のレジスタアドレスは、1802h(上位)と1803h(下位)となります。

内容
レジスタアドレス
書き込む値
10進数の表示
運転データ No.0 の位置(上位)
6146 (1802h)
FFFFh
-1000
運転データ No.0 の位置(下位)
6147 (1803h)
FC18h

AZシリーズ(1号機)の運転データNo.0の位置に、-1000を設定する場合のクエリは、以下の通りです。

フィールド名称
データ
内容
スレーブアドレス
01h
スレーブアドレス1
ファンクションコード
10h
複数の保持レジスタへの書き込み
データ
レジスタアドレス(上位)
18h
書き込みの起点となるレジスタアドレス
レジスタアドレス(下位)
02h
レジスタ数(上位)
00h
起点のレジスタアドレスから書き込む
レジスタの数(2個=0002h)
レジスタ数(下位)
02h
バイト数
04h
クエリのレジスタ数の2倍の値
レジスタアドレスのライト値(上位)
FFh
レジスタアドレス 1802h の書き込み値
レジスタアドレスのライト値(下位)
FFh
レジスタアドレス +1 のライト値(上位)
FCh
レジスタアドレス 1803h の書き込み値
レジスタアドレス +1 のライト値(下位)
18h
エラーチェック(下位)
99h
CRC-16 の計算結果
エラーチェック(上位)
58h

※ 10進数から16進数への変換は、関数電卓などで確実におこなってください。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • モーター品名から選ぶ ケーブル選定ツール
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • ソリューション事例・活用提案
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー