Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ:  ステッピングモーター 、 電動アクチュエータ

機種・シリーズ:  ARシリーズ 、 電動アクチュエータ ARシリーズ搭載

内容:  機能・特性・仕様・外形図 、 設定方法・取り付け方法 、 ノイズ

Q&A No.: 344

Q.
ARシリーズ(位置決め機能内蔵タイプ)でアブソリュートバックアップシステムを構築しています。 電源を投入すると絶対位置異常アラームが出力されますが、原因は何でしょうか?
A.
以下で、絶対位置異常アラームの原因と解除方法を説明します。
絶対位置異常アラームの原因
1.
バッテリの接続後(もしくは交換後)はじめて電源を投入した

「アブソリュートバックアップシステム」のパラメータが有効になっている状態でバッテリを接続し、 その後始めて電源を投入すると必ずアラームが出力されます。

対策

仕様ですので、下記の解除方法にしたがって、アラームを解除してください

2.
モーターケーブルの接触不良、もしくは電源OFF時にケーブルを取り外した

電源OFF時にモーターケーブルの導通が切れると、次回電源投入時にアラームが出力されます。

対策

アブソリュートバックアップシステム使用時はモーターケーブルを取り外さないでください
自作ケーブルは使用しないでください(モーターケーブルを延長するときは、絶対位置異常アラームが発生しないよう設計されている、弊社のオプションケーブルを使用してください)
3.
電源OFF時に外部から衝撃が加わった

電源OFF時に、モーターが100rad/sec^2(1rad=180/π)以上の角加速度・角減速度で回された場合、 次回電源投入時にアラームが出力されます。ギヤードタイプやアクチュエータなどで起こる可能性があります。

対策

モーターに衝撃が加わらないようご注意ください
電源OFF時にワーク位置などを調整するときは、モーターをゆっくりと動かしてください
電磁ブレーキ付モーターをご検討ください
4.
多回転動作範囲を超えた状態で電源を落とした後、はじめて電源を投入した

原点を0としたとき、多回転動作範囲(-167,772~+167,772回転)を超えた状態で電源を落とすと、 次回電源投入時にアラームが出力されます。

対策

多回転動作範囲を超えないようにご使用ください

絶対位置異常アラームの解除方法
絶対位置異常アラームが発生したら、まずP-CLR入力でアラームを解除してください。 続けて、原点復帰運転、もしくはP-PRESETをおこない、座標を確定してください。
アラームそのものはALM-RSTでも解除できますが、この後に運転指令を入力すると、再度アラームが出力されます。 絶対位置異常アラームの解除には必ずP-CLR入力を使用してください。
ステッピングモーター αSTEP AZシリーズでは、新開発の機械式多回転アブソリュートセンサ(ABZO)の搭載により、 センサそのものが破損しない限り、絶対位置異常アラームが発生しません。
また、座標の保持にバッテリが不要になり、バッテリ交換の手間やコストを削減できます。
絶対位置異常アラームにお悩みの場合は、是非AZシリーズをご検討ください。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • モーター品名から選ぶ ケーブル選定ツール
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • ソリューション事例・活用提案
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー