Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: AC小型標準モーター

機種・シリーズ: 全般

内容: メンテナンス 、異常・トラブル

Q&A No.: 384

Q.
ACモーターが壊れていないか確認する方法はありますか?
A.
以下の3つの方法で簡易的に確認することができます。
<確認方法>

1. モーター巻線抵抗値の測定による巻線状態の確認
2. コンデンサ容量の確認
3. モーターシャフト手回しによる軸受(ベアリング)劣化状態の確認

<ご注意>

  1.  ・確認の際には、感電事故・短絡事故防止のため、必ず電源を遮断してください。
  2.  ・通電したタイミングでブレーカーが落ちる場合は、モーター動力線が地絡またはモーターが絶縁破壊を起こしている可能性があります。
    電源は投入せずに、モーター・コンデンサの交換をおすすめします。
>>ACモーターが回転しない場合の確認方法については、以下をご参照ください。
Q230.ACモーターが回転しません。回転しない原因を確認する方法はありますか?
>>当社では無償で検査をおこないます。依頼方法はこちらをご覧ください。

詳細

1. モーター巻線抵抗値の測定による巻線状態の確認

以下の表を参考にモーターの巻線抵抗値を測定し、巻線に断線や短絡がないかを確認します。

断線の場合 : 各相の抵抗値が数kΩ以上であれば断線の可能性
短絡の場合 : 抵抗値が1Ω以下であれば内部で短絡している可能性

2. コンデンサ容量の確認

使用するモーターに適したコンデンサが使われているかを確認します。

容量の確認

コンデンサ側面とモーター銘板に記載のある容量(μF)が同じかを確認してください。

電圧の確認

コンデンサ側面に記載のある電圧(VAC)がモーター銘板に記載のある電圧(V)の約2倍であることを確認してください。

3. モーターシャフト手回しによる軸受(ベアリング)劣化状態の確認

ギヤヘッドを外した状態でモーター軸を手で回し、ロックしていないかを確認します。
レバーシブルモーターは簡易ブレーキがあるため、接触音・抵抗が若干生じますが、異常ではありません。
電磁ブレーキ付モーターは、電磁ブレーキを解除してから確認してください。
直交軸ギヤードタイプ、ウォームギヤードタイプのギヤヘッドは取り外せないため、モーターシャフトの手回しによる確認ができません。検査に出して頂くことをおすすめします。
検査の依頼方法はこちらをご覧ください。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • モーター品名から選ぶ ケーブル選定ツール
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • ソリューション事例・活用提案
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー