Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: スピードコントロールモーター

機種・シリーズ: BLE2シリーズ

内容: 使用方法・設定方法 、異常・トラブル

Q&A No.: 421

Q.
BLE2シリーズを使用していますが、ドライバのフロントパネルに「AL30」というメッセージが表示されました。AL30とはどのような意味ですか?
A.

「AL30」は過負荷状態を示すアラームです。

連続運転領域を超える負荷が、「過負荷アラーム検出時間」パラメータに設定した時間以上、モーターに加わったことが原因と考えられます。

負荷状況、加減速時間などの運転条件をご確認ください。

<参考>BLE2シリーズのアラーム一覧

アラーム
コード
アラーム名称
原因
処置
ALARM-
RESET
入力※1
AL20
(AL20)
過電流
地絡などによって、過大な電流がドライバに流れた。
ドライバとモーターの配線に破損がないか確認してください。
無効
AL21
(AL21)
主回路過熱
ドライバの内部温度がアラームの検出温度を超えた。
周囲温度を見直してください。
筐体内の換気条件を見直してください。
有効
AL22
(AL22)
過電圧
電源電圧が定格の約120%を超えた。
大きな慣性負荷の急停止をおこなった。
電源電圧を確認してください。
運転時に発生するときは、負荷を軽くするか、加減速時間を長くしてください。
AL25
(AL25)
不足電圧
電源電圧が定格の約60%以下になった。
電源電圧を確認してください。
電源ケーブルの配線を確認してください。
AL28
(AL28)
センサ異常
運転中に接続ケーブルのセンサ線が断線した。または、接続ケーブルが外れた。
ドライバとモーターの接続を確認してください。
AL2d
(AL2d)
主回路
出力異常※2
接続ケーブルの動力線が断線した。
ドライバとモーターの接続を確認してください
AL30
(AL30)
過負荷
定格トルクを超える負荷が、「過負荷アラーム検出時間」パラメータに設定した時間以上モーターに加わった。
負荷を軽くしてください。
加減速時間などの運転条件を見直してください。
低温時に発生するときは、負荷が軽い状態でモーターを回してください。
AL31
(AL31)
過速度
モーター出力軸の回転速度が5200r/minを超えた。
負荷を軽くしてください。
加減速時間などの運転条件を見直してください。
AL41
(AL41)
EEPROM異常
ドライバの保存データが破損した。
パラメータを初期化してください。
無効
AL42
(AL42)
初期時
センサ異常
電源投入前に接続ケーブルのセンサ線が断線した。または、接続ケーブルが外れた。
ドライバとモーターの接続を確認してください。
有効
AL46
(AL46)
初期時
運転禁止
FWD入力またはREV入力がONのときに電源を再投入した。
FWD入力またはREV入力をOFFにしてから電源を投入してください。
AL6E
(AL6E)
外部停止
EXT-ERROR入力がOFFになった。
EXT-ERROR入力を確認してください。
※1
アラームの解除方法
有効 :  以下の3通りです。
  • ・ ALARM-RESET入力をONにする
  • ・ 操作パネルまたはデータ設定ソフトMEXE02でアラームリセットを実行する
  • ・ 電源の再投入
無効 :  電源の再投入
※2
トルク制限値を約60%以下に設定した場合は発生しません。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • モーター品名から選ぶ ケーブル選定ツール
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • ソリューション事例・活用提案
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー