Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: スピードコントロールモーター

機種・シリーズ: BXIIシリーズ

内容: 使用方法・設定方法 、異常・トラブル

Q&A No.: 422

Q.
BXIIシリーズを使用していますが、ドライバのフロントパネルに「AL30」というメッセージが表示されました。AL30とはどのような意味ですか?
A.

「AL30」は過負荷状態を示すアラームです。以下の原因が考えられます。

定格トルクを超える負荷がモーターに約5秒以上加わった。
モーターの温度が低い状態で起動した。

負荷状況、加減速時間などの運転条件をご確認ください。

<参考>BXIIシリーズのアラーム一覧

アラーム
コード
アラーム
名称
原因
処置
ALM-RST
入力※1
モーター
励磁※2
AL10
(AL10)
位置偏差
過大
モーター励磁中、モーター出力軸による指令位置と実位置の偏差が、「位置偏差過大アラーム」パラメータの設定値を超えた。
負荷が大きい、または加減速時間が短すぎる。
負荷を軽くしてください。
加減速時間などの運転パターンを見直してください。
有効
保持なし
AL20
(AL20)
過電流
地絡などによって、過大な電流がドライバに流れた。
ドライバとモーター間の配線に破損がないか確認してください。
電源を入れ直しても復帰しないときは、最寄りの支店・営業所にご連絡ください。
無効
AL22
(AL22)
過電圧
主電源の電圧が定格の約120%を超えた。
巻き下げ能力を超える負荷を駆動したり、大慣性の急激な起動、停止をおこなった。
主電源の電圧を確認してください。
運転時に発生するときは、負荷を軽くするか、加減速時間を長くしてください。
回生抵抗を接続してください。
AL25
(AL25)
不足電圧
電源電圧が定格の約60%以下になった。
主電源の電圧を確認してください。
電源ケーブルの配線を確認してください。
有効
AL30
(AL30)
過負荷
定格トルクを超える負荷がモーターに約5秒以上加わった。
モーターの温度が低い状態で起動した。
負荷を軽くしてください。
加減速時間などの運転パターンを見直してください。
AL31
(AL31)
過速度
モーター出力軸の回転速度が約5200r/minを超えた。
負荷を軽くしてください。
加減速時間などの運転パターンを見直してください。
AL41
(AL41)
EEPROM
異常
保存データが破損した。
データの書き込みや読み出しができなくなった。
パラメータを初期化してください。
電源を入れ直しても復帰しないときは、最寄りの支店・営業所にご連絡ください。
無効
AL42
(AL42)
初期時
センサ異常
主電源を投入する前に、モーターのエンコーダ線が断線した。またはエンコーダ用コネクタが外れた。
ドライバとモーターの接続を確認してください。
AL46
(AL46)
初期時
運転禁止※3
運転入力がONのときに、主電源を再投入した。
運転入力をOFFにしてください。
有効
AL51
(AL51)
回生抵抗
過熱
回生抵抗が正しく接続されていない。
回生抵抗が異常過熱した。
入力信号用の外部電源を投入する前に、ドライバの主電源を投入した。
回生抵抗の許容消費電力を超えています。負荷条件や運転条件を見直してください。
回生抵抗のサーモスタット出力とTH入力の接続を確認してください。
入力信号用の外部電源を投入してから、ドライバの主電源を投入してください。
無効
AL67
(AL67)
ソフト
ウェア
オーバートラベル
「ソフトウェアオーバートラベル」パラメータが有効のとき、ソフトウェアリミットに達した。
単独運転のときは、データがソフトリミット値を超えていないか確認してください。連結運転のときは、連結結果がソフトリミットを超えていないか確認してください。
有効
保持あり
AL70
(AL70)
運転データ異常
連結運転で、回転方向が異なる運転データを連結した。
5個以上の運転データを連結した。
運転速度が0r/minで位置決め運転をおこなった。
運転データNo.7の運転速度0r/minで位置決め運転をおこなった。[BX互換モード(位置制御)の場合]
運転データを確認してください。
※1
アラームの解除方法
有効 :  以下の4通りです。
  • ・ ALM-RST入力をONからOFFにする(OFFエッジで有効です)
  • ・ 操作パネルでアラームリセットを実行する
  • ・ データ設定ソフトMEXE02またはOPX-2Aでアラームリセットを実行する
  • ・ 電源の再投入
無効 :  電源の再投入
※2
アラーム発生時のモーター動作は、次のようになります。
保持なし :  アラームが発生するとモーターの電流が遮断されて、モーターの保持力がなくなります。電磁ブレーキ付モーターの場合は、電磁ブレーキが自動で保持されます。
保持あり :  アラームが発生してもモーターの電流は遮断されず、モーターの位置が保持されます。(速度制御モードで「停止時サーボロック」パラメータを「サーボロック」に設定している場合、または位置制御モードの場合のみ)
※3
「初期時運転禁止」機能を有効にしたときに発生します。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー