Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

Q&A

製品カテゴリ: コントローラ・ネットワーク対応製品

機種・シリーズ: NETC02-CC

内容: 使用方法・設定方法、異常・トラブル

Q&A No.: 458

Q.
NETC02-CCを命令固定方式で使用していますが、位置データの設定が反映されません。どのような原因が考えられますか?
A.

以下の原因が考えられます。

WR-REQがONになっていない

命令固定方式で運転データの設定をおこなう場合は、リモートI/OのWR-REQをONする必要があります。
書き込み時に、WR-REQの入力とRWREQ-SELの出力が、どちらもONになっていることをご確認ください。

リモートI/Oの状況は、サポートソフト MEXE02のリモートI/Oモニタにて確認できます。

【画面例】

リモートI/Oモニタ01
リモートI/Oモニタ02

拡張サイクリック設定が適切でない

拡張サイクリック設定は、ドライバの接続台数や、リモートレジスタ ワード数を決定する設定です。
実際の接続台数・必要なリモートレジスタ ワード数に対して、設定値が適切であることをご確認ください。

命令固定方式における拡張サイクリック設定についての詳細は、下記Q&Aをご参照ください。

Q457. NETC02-CCにドライバ4台を接続し、命令固定方式の16ワード配置で使用しています。0号機と1号機の位置データは設定できましたが、2号機、3号機には設定できません。どのような原因が考えられますか?

位置データを設定するレジスタアドレスが適切でない

命令固定方式を使用する場合、レジスタアドレスの配置は号機番号やワード配置の設定によって、自動的に割り振られます。書き込みをおこなっているアドレスが正しいか、再度ご確認ください。

レジスタアドレスの確認には、技術サポートツールの「NETC02-CC用アドレス算出」が便利です。

【画面例】

NETC02-CC用アドレス算出

ユーザー指定配置の場合は、アドレスの割付を任意で変更することができます。割付の変更をおこなっている可能性がある場合は、サポートソフト MEXE02上で設定内容を確認してください。

補足

リモートレジスタへ正常に書き込みがおこなわれた場合、サポートソフト MEXE02のリモートレジスタモニタにて、設定した値を参照することができます。書き込み反映のご確認にお役立てください。

【画面例】

リモートレジスタモニタ

製品を選ぶ