Q&A

製品カテゴリ: αSTEP 、ネットワーク対応製品・コントローラ

機種・シリーズ: AZシリーズ 多軸ドライバ 、電動アクチュエータ AZシリーズ搭載 多軸ドライバ

内容: 使用方法・設定方法

Q&A No.: 495

Q.
AZシリーズ 多軸ドライバと株式会社キーエンス製PLCを使用しています。
NETC01-M3にAZシリーズ 位置決め機能内蔵タイプが5台、AZD2A-KM3を1台使用した時に、軸構成設定はどのようにしたらよいですか?

品名

オリエンタルモーター株式会社製ドライバ(MECHATROLINK-Ⅲ) : AZD2A-KM3、AZD3A-KM3、AZD4A-KM3
株式会社キーエンス製PLC(位置決め・モーションユニット) : KV-XH04ML、KV-XH16ML

A.

NETC01-M3(64バイトモード)を3局目、AZD2A-KM3を4局目の場合、株式会社キーエンス製 KV-STUDIOの軸構成設定は以下のようになります。

図:株式会社キーエンス製 KV-STUDIOの軸構成設定

軸1
軸2
軸3
NETC01-M3
局アドレス : 3
拡張アドレス : 0
伝送バイト数 : 64バイト
AZD2A-KM3のAxis1
局アドレス : 4
拡張アドレス : 0
AZD2A-KM3のAxis2
局アドレス : 4
拡張アドレス : 1

<間違った例>

図:<間違った例>株式会社キーエンス製 KV-STUDIOの軸構成設定

軸1 ~ 軸5
軸6、軸7
AZシリーズ 位置決め機能内蔵タイプを5軸で、I/Oを5軸分設定するのは間違い。
あくまでNETC01-M3の使用数を設定すること。
AZD2A-KM3の同じドライバ内のAxis1とAxis2は同じ局番にすること。
拡張アドレスにてAxis1は0、Axis2は1で設定すること。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る