Q&A

製品カテゴリ: αSTEP 、ネットワーク対応製品・コントローラ

機種・シリーズ: AZシリーズ 多軸ドライバ 、電動アクチュエータ AZシリーズ搭載 多軸ドライバ

内容: 使用方法・設定方法

Q&A No.: 509

Q.
AZシリーズ 多軸ドライバと三菱電機株式会社製PLCを使用しています。
原点復帰はどのように実行すればよいですか?

品名

オリエンタルモーター株式会社製ドライバ(SSCNETIII/H) : AZD2A-KS3、AZD3A-KS3、AZD4A-KS3
三菱電機株式会社製PLC(Qシリーズ シンプルモーションユニット) : QD77MS2、QD77MS4、QD77MS16

A.

原点復帰の実行は、次の2通りの方法があります。いずれかを実行してください。

機械原点復帰による原点復帰

シンプルモーションユニットの「Cd.3位置決め始動番号」に始動No.9001を設定して、位置決め始動信号をONにして実行します。
原点復帰の方法については三菱電機株式会社製シンプルモーションユニット設定ツールの「Pr.43:原点復帰方式」で選択します。

図:シンプルモーションユニット設定ツール

[カウント式②]はシンプルモーションユニットによる原点復帰方式です。
詳細はシンプルモーションユニットのマニュアルでご確認ください。

[ドライバ原点復帰式]はドライバに搭載されている原点復帰方式で原点復帰をおこなう方法です。
原点復帰に関するパラメータは、当社サポートソフト MEXE02を使用して変更できます。
「(HOME)原点復帰方法」では[2センサ]、[3センサ]、[1方向回転]、[押し当て]のいずれかを選択します。
必要に応じて原点復帰関連のパラメータを変更してください。
変更の際には「JOG/HOME/ZHOME運転 運転情報設定」を[マニュアル]に変更してください。

図:シンプルモーションユニット設定ツール

高速原点復帰による原点復帰

AZシリーズはABZOセンサ(バッテリレスのアブソリュートエンコーダ)を搭載しています。
そのため、センサを使わない原点復帰(高速原点復帰)が可能です。

また、高速原点移動をおこなうためにはあらかじめ原点を決めておく必要があります。
上記のシンプルモーションユニットでの原点復帰をおこなうか、原点の位置をプリセットしてください。
原点位置をプリセットで決める場合は、以下のQ&Aをご覧ください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る