Q&A

製品カテゴリ: αSTEP 、ネットワーク対応製品・コントローラ

機種・シリーズ: AZシリーズ 多軸ドライバ 、電動アクチュエータ AZシリーズ搭載 多軸ドライバ

内容: 使用方法・設定方法

Q&A No.: 516

Q.
AZシリーズ 多軸ドライバと三菱電機株式会社製PLCを使用しています。
モーターのトルクを変えることはできますか?

品名

オリエンタルモーター株式会社製ドライバ(SSCNETIII/H) : AZD2A-KS3、AZD3A-KS3、AZD4A-KS3
三菱電機株式会社製PLC(Qシリーズ シンプルモーションユニット) : QD77MS2、QD77MS4、QD77MS16

A.

可能です。

モーターのトルクを下げたい場合、次のいずれかを実行してください。

モーター電流を下げる

当社サポートソフト MEXE02を使用してモーターの電流の設定を下げてください。

図:

CRNT-LMT入力を使用する

CRNT-LMT入力をONにすると、モーターに流す電流がCRNT-LMT運転電流制限値で設定した値となります。CRNT-LMT入力はダイレクト入力(CN9)に信号を割り当てて使用します。
サポートソフト MEXE02でCRNT-LMT入力の割り当てをおこない、CRNT-LMT運転電流制限値を設定してください。

CRNT-LMT入力の割り当て

図:CRNT-LMT入力の割り当て

CRNT-LMT運転電流制限値を設定

図:CRNT-LMT運転電流制限値を設定

トルク制限設定値を変更してもモーターのトルクは変わりません。
シンプルモーションユニットで設定したトルク制限設定値は無視されます。

図:シンプルモーションユニット設定ツール

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る