Q&A

製品カテゴリ: αSTEP 、ネットワーク対応製品・コントローラ

機種・シリーズ: AZシリーズ 多軸ドライバ 、電動アクチュエータ AZシリーズ搭載 多軸ドライバ

内容: 使用方法・設定方法、異常・トラブル

Q&A No.: 528

Q.
AZシリーズ 多軸ドライバと三菱電機株式会社製PLCを使用しています。
サーボオンにしているのですが、モーターが励磁しません。なぜですか?

品名

オリエンタルモーター株式会社製ドライバ(SSCNETIII/H) : AZD2A-KS3、AZD3A-KS3、AZD4A-KS3
三菱電機株式会社製PLC(Qシリーズ シンプルモーションユニット) : QD77MS2、QD77MS4、QD77MS16

A.

以下のことが考えられます。

ドライバの主電源、および制御電源が入っていない
通信ができていない(RUNが消灯)
「全軸サーボON」の信号をONにして全軸サーボON状態にしているが、対象軸のみ「Cd.100:サーボOFF 指令」で
サーボOFFにしている
モーターがドライバに接続されていない
アラーム状態になっている
当社サポートソフト MEXE02で「ドライバ動作モード」パラメータを[仮想モーターを使用する]に設定変更した

図:当社サポートソフト MEXE02で「ドライバ動作モード」パラメータを[仮想モーターを使用する]に設定変更した例

サポートソフト MEXE02での「有効軸数」パラメータに誤りがある
設定対象以外の軸については、シンプルモーションユニットから「全軸サーボON」の信号をONしてもモーターは励磁しません。

図:サポートソフト MEXE02での「有効軸数」設定例

サポートソフトMEXE02で「リモート運転モード」パラメータが[無効]になっていない
有効にしていると、シンプルモーションユニットからの指令を受け取れません。

図:サポートソフトMEXE02で「リモート運転モード」パラメータが[無効]になっていない例

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る