インダクションモーターの温度上昇

モーターの温度上昇

モーターの運転中はモーター内部の損失(銅損、鉄損など)がすべて熱となり、モーターの温度が上がります。

インダクションモーター(連続定格)は運転開始後2~3時間で温度上昇が飽和し、一定温度に落ちつきます。
レバーシブルモーター(30分定格)は運転開始後30分で規定の温度に達し、そのまま運転を続けるとさらに温度が上昇します。

温度上昇の測定方法

当社では、次の方法で測定した値でモーターの温度上昇を規定しています。

◇温度計法

モーターケース中央部に温度計または熱電対を固定してモーターを運転し温度上昇が飽和したときの温度を測定し、周囲温度との差を温度上昇としています。

◇抵抗法

巻線温度をその抵抗値の変化により測定する方法です。運転前後のモーターの巻線抵抗と周囲温度を抵抗計、温度計等で測定し、モーターの巻線温度上昇値を求めます。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る