Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

海抜1000mを超える環境で使用する場合

標高が高くなると、大気中の放熱効果が低下するため、製品の周囲温度を下げるなどの対応が必要です。
以下に、海抜1000mを超えて2000m以下で使用する場合の条件を示します。

対象製品
KIIシリーズ
KIISシリーズ
ワールドKシリーズ
Kシリーズ
BHシリーズ

※ 直交軸ギヤと組み合わせる場合や、直交軸ギヤードモーター(タイプ)は除く。

電源電圧が単相の場合の使用条件

モーターを海抜1000mを超えて2000m以下で使用する場合は、以下のように周囲温度を下げてください。

電源電圧が単相の場合の使用条件

例えば、周囲温度の上限値が40℃の製品を海抜2000mで使用する場合は、周囲温度の上限値は32℃になります。

電源電圧が三相の場合の使用条件

モーターを海抜1000mを超えて2000m以下で使用する場合は、以下のように周囲温度を下げるか、負荷トルクを小さくしてください。

周囲温度を下げる

電源電圧が三相の場合の使用条件 周囲温度を下げる場合

例えば、周囲温度の上限値が40℃の製品を海抜2000mで使用する場合は、周囲温度の上限値は32℃になります。

負荷トルクを小さくする

電源電圧が三相の場合の使用条件 負荷トルクを小さくする場合

例えば、海抜2000mで使用する場合は、負荷トルクの上限値は定格比80%になります。

ギヤを使用する場合

海抜1000mを超えて2000m以下の範囲で使用してください。
標高が高くなると、外気圧との差や放熱効果の低下による温度上昇により、オイルシールの寿命低下やギヤヘッド内部のグリース漏れが発生する場合があります。

グリース漏れが問題になる場合は、定期的にグリースのにじみを確認したり、油受けなどを装置に取り付けてください。

 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • モーター品名から選ぶ ケーブル選定ツール
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • ソリューション事例・活用提案
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー