Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

コンパクト電動シリンダのメンテナンス

点検項目と時期

アクチュエータを1日8時間稼動した場合、下表の期間ごとにメンテナンスをおこなってください。
昼夜連続運転、稼働率の高い場合は、状況に応じてメンテナンス周期を短縮してください。

メンテナンス時期 外部の確認 内部の確認
始動時 -
稼動後1週間
以後1か月ごと
外部の確認

下表の項目を確認してください。

項 目 確認内容 処置
アクチュエータ ・アクチュエータを取り付けているボルトにゆるみがないか。
・負荷を取り付けているボルトにゆるみがないか。
ボルトを増し締めしてください。
ケーブル類 ・ケーブルに傷やストレスがないか。
・モーターやドライバとの接続部にゆるみがないか。
コネクタの再接続、またはケーブルを交換してください。
運 転 軸受部などから異常な音や振動が発生していないか。 負荷の取り付け、運転速度を再確認してください。
外部の清掃
アクチュエータの外面の清掃は、随時おこなってください。
清掃は、柔らかい布で汚れを拭き取ってください。
圧縮空気を吹きつけないでください。隙間から塵埃が入り込むことが懸念されます。
石油系溶剤は、塗装面を傷めるので使用しないでください。
汚れがひどいときは、中性洗剤を含ませた柔らかい布で拭き取ってください。
内部の確認

アクチュエータ内部の状況を目視で確認します。下表の項目を確認してください。
グリースの色が変色していても、走行面に艶があれば潤滑は良好です。

項目 確認内容 処置
ボールねじ軸 塵埃などの異物が付いていないか 異物を取り除いてください
グリースの艶がなくなったり、量が減っていないか ボールねじを柔らかい布で清掃し、新しいグリースをナット滑走溝に塗布してください
ガイドレール 塵埃などの異物が付いていないか 異物を取り除いてください
グリースの艶がなくなったり、量が減っていないか ガイドレールの両脇のボール転送溝を柔らかい布で清掃し、グリースをボール転送溝に塗布してください

コンパクト電動シリンダのグリースの補給

コンパクト電動シリンダのねじ軸やリニアガイドのグリースが汚れたときは、ウエスなどでよく拭き取った後、新しいグリースを塗布してください。 グリースの点検は稼動1週間後に1回、その後は1ヶ月ごとに1回を目安におこなってください。
各製品のメンテナンスに用いるグリースを以下に示します。

シリーズ ボールねじ用 リニアガイド用
DRLシリーズ(転造・研削ボールねじタイプ)
DRLIIシリーズ
AFC
(THK製)
マルテンプ PS No.2
(協同油脂製)
DRLシリーズ
(耐食研削ボールねじ・高強度ガイド付タイプ)
AFE-CA
(THK製)
AFE-CA
(THK製)
DRSシリーズ AFC
(THK製)
AFC
(THK製)
DRS2シリーズ ボールねじ用
AFC
(THK製)
リニアガイド用
AFC
(THK製)

製品を選ぶ