Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

電動スライダ・電動シリンダの押し当て原点復帰運転

「押し当て原点復帰運転」はメカ部の本体にテーブルを押し当てて原点復帰します。専用ゴムストッパと金属部の端面で押し当てる構造開発により高速での原点復帰運転が可能です。

<対象>

αSTEP搭載
EASシリーズ
EZSシリーズ/EZSシリーズ クリーンルーム対応
EACシリーズ
ARシリーズ搭載 パルス列入力タイプのみおこなえません。

ご注意

押し当て原点復帰運転を使うときは、動的許容モーメント値の確認をおこなってください。
ARシリーズ搭載の場合:
押し当て原点復帰運転を使うときは、原点オフセット量の設定と押し当て原点復帰運転電流値の設定・確認をおこなってください。
EAS4EZS4EAC4のリード12mmの製品で負荷を垂直方向に運転する場合:
上昇側に押し当て原点復帰運転するときの負荷質力は、4kg以下にしてください。
4kgを超えると原点位置がばらつく可能性があります。
EAS2EAC2のリード6mmの製品で負荷を垂直方向に運転する場合:
上昇側に押し当て原点復帰運転をおこなわないでください。原点位置がばらつく可能性があります。
押し当て原点復帰運転をおこなう場合は、下降側でおこなってください。
EACシリーズは、アクチュエータ単体で、反モーター側への押し当て原点復帰運転をおこなわないでください。アクチュエータが破損する可能性があります。反モーター側に押し当て原点復帰運転をおこなう場合は、ロッドを押し当てる機構を外部に設けてください。

押し当て原点復帰の動作

押し当て原点復帰の動作

押し当て原点復帰オフセット量の設定(メカ限界位置から原点までの距離 [mm])

αSTEP ARシリーズ搭載

押し当て原点復帰オフセット量(メカ限界位置から原点までの距離 [mm])は次の表1の数値以上に設定してください。

αSTEP AZシリーズ搭載

押し当て原点復帰オフセット量(メカ限界位置から原点までの距離 [mm])は次の表1の数値に出荷時に設定してあります。

<表1>

シリーズ 型番 原点オフセット量
(メカ限界位置から原点までの距離 [mm])
EAS 2 4
4 3
6 6
EZS 3 3
4 3
6 6
EAC 2 4
4 4
6 4

ご注意

ARシリーズ搭載の場合:
原点復帰オフセット量(メカ限界位置から原点までの距離 [mm])を初期値(0mm)で原点復帰をおこなうと、オフセット量が足りず、衝撃緩衝のために配置されているゴムストッパに当たったままの状態になり、原点復帰精度に影響します。

押し当て原点復帰運転電流(押し当て力)の設定(推奨値)

αSTEP ARシリーズ搭載

押し当て原点復帰の電流(押し当て力)は次の表の数値に設定してください。

◇ AC電源入力
シリーズ
型番
リード
[mm]
押し当て原点復帰
運転電流 [%]
EAS
4
6
100
12
100
6
6
55
12
85
EZS
3
6
100
12
100
4
6
100
12
100
6
6
55
12
85
EAC
4
6
100
12
100
6
6
55
12
85
◇ DC電源入力
シリーズ
型番
リード
[mm]
押し当て原点復帰
運転電流 [%]
EAS
2
3
100
6
100
4
6
100
12
100
6
6
80
12
100
EZS
3
6
100
12
100
4
6
100
12
100
6
6
80
12
100
EAC
2
3
100
6
100
4
6
100
12
100
6
6
80
12
100

ご注意

押し当て原点復帰電流は必ず推奨設定値に設定してください。

押し当て原点復帰速度

押し当て原点復帰速度の上限は以下の通りになります。

αSTEP ARシリーズ搭載
シリーズ
型番
リード
[mm]
押し当て原点復帰
速度 [mm/s]
EAS
2
3、6
10
4
6、12
25
6
6、12
25
EZS
3
6、12
25
4
6、12
25
6
6、12
25
EAC
2
3、6
10
4
6、12
25
6
6、12
25
αSTEP AZシリーズ搭載
シリーズ
型番
リード
[mm]
押し当て原点復帰
速度 [mm/s]
EAS
2
3
25
6
50
4
6
50
12
100
6
6
50
12
100
EZS
3
6
50
12
100
4
6
50
12
100
6
6
50
12
100
EAC
2
3
25
6
50
4
6
50
12
100
6
6
50
12
100

製品を選ぶ