Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

電磁ブレーキの構造と寿命

ブラシレスモーター

電磁ブレーキ付モーターは、無励磁作動型の位置保持用電磁ブレーキを採用しています。構造例は右図の通りです。

励磁コイルに電圧を印加すると、コイルスプリングに抗して電磁石にアーマチュアが吸引され、ブレーキが開放した状態になり、モーター軸の回転が自由になります。

電圧を印加しない状態では、アーマチュアが釈放され、コイルスプリングによりブレーキライニングがプレートを押し付け、モーター軸が固定されます。

電磁ブレーキの構造(ブラシレスモーター)

動作と寿命

モーターを励磁しない状態で、位置保持用として使用が可能なブレーキです。
回転中の負荷を停止させる制動用としては、使用しないでください。
制動を目的としたブレーキライニングではないため、制動を繰り返すと磨耗によりギャップが広がり、正常に動作できなくなります。

許容慣性モーメントの負荷を起動・停止する場合の寿命は、500万回です。

ACスピードコントロールモーター

電磁ブレーキ付モーターは、無励磁作動型の制動用電磁ブレーキを採用しています。
電磁ブレーキの構造と寿命は、AC小型標準モーターと同様です。

電磁ブレーキの構造と寿命(AC小型標準モーター)

製品を選ぶ