海抜1000mを超える環境で使用する場合

標高が高くなると、大気中の放熱効果が低下するため、製品の周囲温度を下げるなどの対応が必要です。
以下に、海抜1000mを超えて2000m以下で使用する場合の条件を示します。

対象製品
US2シリーズ
DSCシリーズ

※ JHギヤ、JLギヤは除く。

モーターおよびドライバの使用条件

モーターおよびドライバを海抜1000mを超えて2000m以下で使用する場合は、以下のように周囲温度を下げてください。

モーターおよびドライバの使用条件

例えば、周囲温度の上限値が40℃の製品を海抜2000mで使用する場合は、周囲温度の上限値は32℃になります。

対象製品
BMUシリーズ
BLE2シリーズ
BXIIシリーズ
BLHシリーズ

※ JVギヤ、JBギヤ、JHギヤは除く。

モーターの使用条件

モーターを海抜1000mを超えて2000m以下で使用する場合は、以下のように周囲温度を下げるか、負荷トルクを小さくしてください。

周囲温度を下げる

モーターの使用条件 周囲温度を下げる場合

例えば、周囲温度の上限値が40℃の製品を海抜2000mで使用する場合は、周囲温度の上限値は32℃になります。

負荷トルクを小さくする

モーターの使用条件 負荷トルクを小さくする場合

例えば、海抜2000mで使用する場合は、負荷トルクの上限値は定格比80%になります。
使用する回転速度に応じて定格トルクが異なりますので、ご注意ください。

ブラシレスモーターの回転速度―トルク特性について

上記の定格比に応じたトルク値を算出するときは、使用する回転速度に応じたトルク値を使用します。

ある回転速度でのトルク値は、右図のような回転速度―トルク特性図で確認できます。

【BMU120Wのモーターを海抜2000mで使用する場合の計算例】

回転速度 [r/min] トルク [N・m] 上限値の定格比 上限値 [N・m]
80 ~ 20000.45080%0.36
30000.3820.3056
40000.2870.2296

回転速度―トルク特性 BMUシリーズ120Wの場合

ドライバの使用条件

ドライバを海抜1000mを超えて2000m以下で使用する場合は、以下のように周囲温度を下げてください。

ドライバの使用条件

例えば、周囲温度の上限値が40℃の製品を海抜2000mで使用する場合は、周囲温度の上限値は32℃になります。

ギヤを使用する場合

海抜1000mを超えて2000m以下の範囲で使用してください。
標高が高くなると、外気圧との差や放熱効果の低下による温度上昇により、オイルシールの寿命低下やギヤヘッド内部のグリース漏れが発生する場合があります。

グリース漏れが問題になる場合は、定期的にグリースのにじみを確認したり、油受けなどを装置に取り付けてください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る