Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

ACサーボモーターの構造

ACサーボモーターは、モーターの反出力軸側に回転検出器(エンコーダ)を搭載してローターの位置と速度を検出することにより、高分解能、高応答な位置決め運転ができます。

エンコーダとは、モーターの回転速度と位置を検出するためのセンサです。
発光ダイオード(LED)からの光を、スリット円盤上の位置検出パターンを通して受光素子で読み取ります。受光素子にはフォトトランジスタが数十個分集積されています。絶対位置検出用のパターンはエンコーダの回転角度に依存してすべて異なります。
エンコーダには、CPUを搭載してあり絶対位置検出用のパターンを分析します。この現在位置データをサーボドライバにシリアル通信で転送します。

 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • モーター品名から選ぶ ケーブル選定ツール
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • ソリューション事例・活用提案
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー