テクニカルレポート RENGA 真空用ステッピングモーターとその特性

2008年11月28日時点の情報です。

近年、真空技術は半導体、新素材、宇宙、バイオテクノロジーなどの先端技術を支えるキーテクノロジーとして発展しており、真空環境中での位置決め制御の要求が、ますます高まっています。当社では、この要望にお応えして取付角寸法42mmと60mmの中真空および超高真空用5相ステッピングモーターを商品化しています(図1参照)。
今回新たに、取付角寸法28mmの高真空用5相ステッピングモーターをラインアップしましたので、その諸特性を紹介します。

目次
  • 1. はじめに
  • 2.真空用モーター
    • 2.1.真空とモーター
    • 2.2.真空用モーターのメリット
  • 3.真空用モーターに要求される性能
  • 4.真空用ステッピングモーターのラインアップ
  • 5.□28mm高真空用ステッピングモーターの諸特性
    • 5.1.回転速度-トルク特性
    • 5.2.真空評価装置を使用した諸特性
      • 5.2.1.真空評価装置の概要
      • 5.2.2.温度特性
      • 5.2.3.モーター電流-真空用特性
      • 5.2.4.残留ガススペクトル
  • 6.まとめ

ここでは、「1. はじめに」の内容のみを掲載しています。
続きは以下よりPDFをダウンロードのうえ、ご覧ください。

1. はじめに

近年、真空技術は半導体、新素材、宇宙、バイオテクノロジーなどの先端技術を支えるキーテクノロジーとして発展しており、真空環境中での位置決め制御の要求が、ますます高まっています。当社では、この要望にお応えして取付角寸法42mmと60mmの中真空および超高真空用5相ステッピングモーターを商品化しています(図1参照)。
今回新たに、取付角寸法28mmの高真空用5相ステッピングモーターをラインアップしましたので、その諸特性を紹介します。

真空用ステッピングモーター

図1 真空用ステッピングモーター

このテーマの全文を、PDFでダウンロードできます。

全文をダウンロード

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る