Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

テクニカルレポート RENGA 高性能・高機能ブラシレスモーターユニット
BXⅡシリーズの開発

2013年10月31日時点の情報です。

ブラシレスモーターは、省エネルギー、省スペース、広い速度制御範囲、高い速度安定性などの特徴から、さまざまな装置や機器の駆動源として使用されています。しかし、装置や機器への要求は近年より高くなっており、それに伴いモーターにも高い性能が求められるようになってきました。
そこで、これらの要求に応えるために、ブラシレスモーターの最上位機種であるBXⅡシリーズを開発しました。新たに電流ループを追加したことで、サーボモーターに迫る特性・機能になり、従来品よりも幅広い用途で使える製品となりました。
BXⅡシリーズの新機能とそれを実現した新技術について紹介します。

目次
  • 1. はじめに
  • 2.BXⅡシリーズの特徴
  • 3.BXⅡシリーズの新技術
    • 3.1.損失低減と省スペース化
      • 3.1.1.二相変調方式による損失低減
      • 3.1.2.放熱構造の改善
      • 3.1.3.取付環境と温度上昇
    • 3.2.電流検出精度の向上による制御性改善
      • 3.2.1.相電流検出回路
      • 3.2.2.トルク制限精度の向上
      • 3.2.3.応答性の向上
  • 4.BXⅡシリーズの向上した性能と新機能
    • 4.1.速度制御
      • 4.1.1.速度制御範囲の拡大
      • 4.1.2.速度設定のゲイン・オフセット機能
      • 4.1.3.速度安定性
    • 4.2.速度制御
      • 4.2.1.位置決め方式
      • 4.2.2.連結運転
      • 4.2.3.ラウンド機能
  • 5.BXⅡシリーズのラインアップ
  • 6.まとめ

ここでは、「1. はじめに」の内容のみを掲載しています。
続きは以下よりPDFをダウンロードのうえ、ご覧ください。

1. はじめに

ブラシレスモーターは、ローターに永久磁石を採用しており、薄型でありながら高出力なモーターです。また、インバータ駆動のインダクションモーターよりも高効率で可変速範囲も広いという利点を持っています。そのブラシレスモーターの中でも、速度制御だけでなく位置制御やトルク制限機能を備えたBX シリーズは、ブラシレスモーターの最上位機種です。
近年では半導体や液晶、電子部品の製造装置などを中心として、より高精度で高応答、高機能のモーターが求められるようになりました。このような高い要求に応えるべく、BXシリーズをリニューアルし、高性能・高機能を実現したBXⅡシリーズを開発しました。BXⅡシリーズはブラシレスモーターの使いやすさを損なわずに、サーボモーターに迫る性能と機能を実現した製品です(図1参照)。

ブラシレスモーターユニット BX2シリーズ

図1 ブラシレスモーターユニット BXⅡシリーズ

このテーマの全文を、PDFでダウンロードできます。

全文をダウンロード

製品を選ぶ