ACモーター 選定計算編

ベルトコンベヤの駆動に、インダクションモーターを使用する場合を例として、ACモーターの選定計算手順を説明します。

4-3. 品名の仮選定

仮選定は以下の手順で進めます。

3-1. 回転速度の算出で求めたギヤヘッド減速比をもとに、ギヤヘッドの許容トルク表から、最適な減速比を決定する
3-3. モーター必要トルクの算出で求めた値をもとに、モーター(ギヤヘッド)品名を絞り込む
使用する電源電圧の仕様を満たすモーター品名を仮選定する
モーター、ギヤヘッド以外の機器(ブレーキパックなど)の品名を仮選定する

※当セミナーでは、モーターの選定にインダクションモーターの個別カタログを使用します。仮選定を進める前にご用意ください。

インダクションモーター カタログPDFダウンロード(ログイン不要)

※モーター(ギヤヘッド)品名の見方については、以下のページをご覧ください。

仮選定例
ギヤヘッド減速比
iG = 83.9 ~ 90.9
モーター必要トルク
TM' = 2.16 [N・m]
電源電圧
単相100V(50Hz)
ギヤヘッド取付時の許容トルク表から、ギヤヘッド減速比(iG)に最適な減速比を決定します。
①の減速比をもとに、モーター必要トルクが許容トルク以下になる品名を絞り込みます。

許容トルク

ギヤヘッド減速比(iG)には、減速比90が最も近い値です。以降、ギヤヘッド減速比(iG)は90とします。
ギヤヘッド減速比が90のとき、許容トルクが2.9[N・m]の2IK6GN-AW2Jと2GN90Kが、モーター必要トルクの条件を満たすことがわかります。

仕様 連続定格

駆動機構部の要求仕様例より端子箱の指定がないため、今回はリード線タイプとします。
これにより、2IK6GN-AW2J2GN90Kを仮選定します。

単相モーターと組み合わせ可能なブレーキパックSB50Wを選定します。
インダクションモーター
SB50W
製品種別
品名
インダクションモーター
2IK6GN-AW2J
ギヤヘッド
2GN90K
ブレーキパック
SB50W

次ページでは、仮選定したモーターのモーター起動トルクを確認します。

このページのトップへ

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る