ファンモーターの基礎

換気・冷却に使用されるファンモーターの種類と特徴、特性、寿命について、基礎からわかりやすく説明します。

2-1. 製品体系

より安全で効果的な温度管理システムを実現するため、当社では、ファンモーターやヒーター、周辺機器を数多くご用意しています。

クーリングファン

クーリングファン

換気、冷却、乾燥、吸引用のファンモーターです。プロペラファン、ブロワ(シロッコファン)、クロスフローファンの3種類があります。

装置の種類や具体的な用途に合わせて、サイズや素材、フィルターの保護等級(IP)などを使い分けることができます。

当セミナーでは、主にこのクーリングファンについてご説明します。

フィンガーガードやフィルタなどの、周辺機器も豊富です。人体との接触や、異物混入を防ぎます。

ブロワには、取付金具や、ダクト継ぎ手もご用意しています。詳しくはこちらをご覧ください。

制御盤ファンユニット

制御盤ファンユニット

ファンと周辺機器(カバー、フィルターメディア、フレーム、フィンガーガード)を一体化した製品です。

装置内の圧力を上げ、装置の継ぎ目やケーブル穴からの、ダストや水滴の進入を防ぎます。詳しくはこちらをご覧ください。

制御盤ヒーターユニット

制御盤ヒーターユニット

シーズヒーターに放熱板、プロペラファンおよびフィンガーガードを組み付けたユニット製品です。

筐体内や装置の一部を温め、寒冷地や屋外、昼夜の寒暖差による結露を防止します。詳しくはこちらをご覧ください。

温度スイッチ

温度スイッチ

装置内の温度の変化に応じて、ファンモーターの運転・停止を自動制御します。ファン用とヒーター用があります。

必要なときにだけファンモーターを駆動させ、省エネルギー化、低騒音化、長寿命化に貢献します。詳しくはこちらをご覧ください。

クーリングファンの種類について
種類
プロペラファン
ブロワ
クロスフローファン
外観
プロペラファン
ブロワ
クロスフローファン
特徴
風量の大きい送風
静圧が大きく、指向性の強い送風
均一で幅の広い送風
特性
風量
静圧
:小(ブロワと比較)
吐出流速
:不均一
風量
:小
静圧
吐出流速
:大
風量
:大
静圧
:小
吐出流速
均一
用途

・ 装置全体の冷却

・ 高密度実装装置の冷却
 (大型軸流ファン)

・ 局部的な冷却

・ 高密度実装装置の冷却

・ ダクト使用の送風、排気

・ エアによる吸着

・ 広い範囲の均一な冷却

・ ワイドな電子基板の冷却

・ エアカーテン

次のページでは、プロペラファンの構造と用途例についてご紹介します。

このページのトップへ

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る