ファンモーターの基礎

換気・冷却に使用されるファンモーターの種類と特徴、特性、寿命について、基礎からわかりやすく説明します。

2-2. プロペラファンの構造と用途例

2-2-1. プロペラファンの概要と用途例

電子機器内部の換気冷却には、吐出し面積を大きく取ることができ、大きな風量を得られる、プロペラファンが適しています。

電子機器内部の換気冷却

電子機器内部のような中・低密度実装機器の換気冷却に適しています。

高密度実装機器の冷却

装置内部の送風抵抗が大きい場合の冷却に適しています。

複数の小型ファンを並べるより、大型のプロペラファンを1台使用するほうが、省エネルギー、省配線です。

2-2-2. プロペラファンの構造

円筒状のハブ・ケーシング間の環状流路にあるプロペラ(翼)により空気を圧送、その回転軸方向に風を発生させています。

風の流れが回転軸に沿っているため、コンパクトな構造です。

プロペラファンの構造

プロペラファンの吐き出しと吸い込みの違い (参考)
吐き出し側に設置した場合
吸い込み側に設置した場合
風の流れ
負圧

装置内気圧 : 負圧(大気圧より低い)

正圧

装置内気圧 : 正圧(大気圧より高い)

メリット
・ 装置内全体を冷却したい場合に有効
・ 内部の空気によどみが発生しにくい
・ ファン前面に発熱体がある場合に有効
・ 装置の隙間から埃などが侵入しにくい
デメリット
・ 装置の隙間から埃などが侵入する恐れがある
・ 内部の空気によどみが発生しやすい

次のページでは、ブロワの構造と用途例についてご紹介します。

関連情報

制御盤ファンユニット

 ファンと周辺機器(カバー、フィルターメディア、フレーム、フィンガーガード)を一体化した製品です。
 装置内の圧力を上げ、装置の継ぎ目やケーブル穴からの、ダストや水滴の進入を防ぎます。

このページのトップへ

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る