ファンモーター 選定計算編

3-4. ファンモーターの必要風量の算出

3-3. ファンモーターによる放熱能力の算出での、空冷しなければならない熱量の値をもとに、ファンモーターの必要風量を求めます。

必要風量(q)の求め方

必要風量(q)の求め方

安全率は、静圧や電源電圧の変動に対するものです。必要風量を計算で求める場合は、安全率を2とします。
必要風量の変動幅が明確であれば、安全率を2より小さくしても問題ありません。

QY
: 空冷しなければならない熱量 [W]
T2
: 周囲温度 [℃]
CP
: 空気の定圧比熱 [J/kg・K]
T1
: 目標温度(装置内温度) [℃]
σ
: 空気の比重量 [kg/m3]

必要風量(q)の計算例

筺体の仕様と、空冷しなければならない熱量(QY)をもとに、必要風量(q)を求めます。

空冷しなければならない熱量
QY = 235.82 [W]
安全率
2

必要風量(q)の計算式

条件

  • σ(空気の比重量) : 1.09 [kg/m3]
  • CP(空気の定圧比熱) : 1000 [J/kg・K]
  • T1(目標温度) : 45 [℃]
  • T2(周囲温度) : 25 [℃]

次のページでは、ファンモーターの品名選定をおこないます。

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る