Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

スピードコントロールモーターの使い分け

1. 速度制御運転の種類

速度制御運転とは、ワークの種類や作業条件によって、搬送速度(モーター回転速度)を変更する運転方法です。
インダクションモーターやレバーシブルモーターなどACモーターは、一定速用ですので、そのままでは速度調整はできません。
そこで、速度制御運転をおこなう場合は、スピードコントロールモーターを使用します。

スピードコントロールモーターの種類

ブラシレスモーター

小型ハイパワーのブラシレスモーターとドライバを組み合わせた速度制御モーターです。省エネルギー、速度安定性に優れ、広い速度制御範囲を実現しています。

関連するWEBセミナー
代表的なシリーズ
  • BMUシリーズ

    BMUシリーズ

    デジタル表示パネルと設定ダイヤルを搭載し、クルクル・ポンの簡単操作。

  • BLE2シリーズ

    BLE2シリーズ

    I/Oや外部直流電圧による速度設定が可能。トルク制限、上下駆動、パソコンからの設定・指令に対応。

  • BLHシリーズ

    BLHシリーズ

    DC24V入力のドライバを採用。アナログ設定、デジタル設定、RS-485通信に対応。バッテリ駆動が可能。

ACスピードコントロールモーター

インダクションモーターやレバーシブルモーターに、速度検出用のレートジェネレータ(交流発電機)を組み付けたモーターです。専用の制御回路(スピードコントローラ)と組み合わせて、簡単操作でACモーターを速度制御する、コストパフォーマンスに優れた製品です。

関連するWEBセミナー
代表的なシリーズ
  • US2シリーズ

    US2シリーズ

    デジタル表示パネルと設定ダイヤルを搭載し、クルクル・ポンの簡単操作。

  • DSCシリーズ

    DSCシリーズ

    I/Oや外部直流電圧による速度設定が可能。電磁ブレーキ付モーターもラインアップし、上下駆動に対応。

三相インダクションモーター + インバータ

インバータは、モーターに印加する電源の周波数・電圧を制御して、速度を変える制御回路です。三相インダクションモーターと組み合わせて使用します。

関連するWEBセミナー
代表的なシリーズ(※ 三相インダクションモーターのみ)
  • KⅡSシリーズ

    KⅡSシリーズ

    高強度の直交軸・平行軸ギヤヘッドを採用。3Hz~最大120Hzまで速度を制御でき、インバータとの組み合わせに最適。

内容ついてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ