ACスピードコントロールモーターの基礎

1. ACスピードコントロールモーターの概要

ACスピードコントロールモーターとは、ACモーターに回転速度検出用のレートジェネレータを搭載し、専用のスピードコントローラで速度制御をおこなうモーターです。

制御ブロック図

ACスピードコントロールモーター

インダクションモーターやレバーシブルモーターに、速度検出用のレートジェネレータを組み付けた構造をしています。

スピードコントローラ

速度設定器から入力される速度指令信号と、速度検出器からフィードバックされる実際のモーター回転速度の誤差を演算し、モーターに印加する電圧を制御しています。
これにより、モーターが指令回転速度で回転できるようになります。

速度設定器

製品に速度指令信号を入力する設定器です。
ボリュームで設定するタイプや、表面パネルのアップ(↑)、ダウン(↓)キーでデジタル設定するタイプなどがあり、形状や仕様は製品により異なります。

次のページでは、モーター部の構造と動作原理について説明します。

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る