ステッピングモーター 選定計算編

5相ステッピングモーターRKIIシリーズの選定を例として、ステッピングモーターの選定計算手順を説明します。

より安心して使用するために、加減速レートとイナーシャ比を確認します。

5-1. 加減速レートの確認

選定したモーターの加減速レートが適正であるか、確認します。(加減速レートについての詳細はこちらを参照してください)
加減速レートの確認には、3-2. 運転パターンの確認で設定した運転パターンの要素を使用します。

加減速レート(TR)の計算式

加減速レート(TR)の計算式

※ 運転パルス速度はフルステップ換算で計算してください

加減速レート(参考値)

対象機種 取付角寸法 [mm] 加減速レートTR [ms/kHz]
αSTEP 28(30)、42、60、85(90)0.5以上
5相ステッピングモーター
(モーター/ドライバ)
20、28、42、6020以上
85(90)30以上
2相ステッピングモーター
(モーター/ドライバ)
20、28(30)、35、42、50、56.4、6050以上
85(90)75以上
品名と取付角寸法の対応は、各シリーズの品名の見方を確認してください。RKⅡシリーズの品名の見方はこちら

ご注意

加減速レートが上表の参考値未満の場合、モーターの脱調、整定時間の増加などにつながる恐れがあります。
計算結果が目安値を満たさない場合は、3-2. 運転パターンの確認において加速(減速)時間の設定を見直してください。

加減速レートの計算例

加減速レート(TR)を確認する

3-2. 運転パターンの確認で設定した運転パターンをもとに、加減速レート(TR)を確認します。

運転パルス速度 [kHz] f2 = 10 加減速レートの目安(参考値)
[ms/kHz]
20以上
起動パルス速度 [kHz] f1 = 0
加速(減速)時間 [ms] t1 = 250

加減速レートの計算例(ボールねじ)

選定した、RKS564RKS566RKS569は、加減速レートが20[ms/kHz]以上のため、使用可能です。

3-2. 運転パターンの確認で設定した運転パターンをもとに、加減速レート(TR)を確認します。
ただし、運転パルス数[step]や運転速度[Hz]は、マイクロステップ(0.36°/step)時のものとしてパターンを作成しているため、まずはこれらの条件をフルステップ(0.72°/step)の条件で再計算する必要があります。

機構条件の一覧を表示する

フルステップ時の運転パルス数(A)を求める

ステップ角を0.72[°/step]として、フルステップ時の運転パルス数(A)を求めます。

加減速レートの計算例1(タイミングベルト・プーリー)

機構条件
  • l(送り量) : 200 [mm]
  • D(プーリーの直径) : 31.85 [mm]
フルステップ時の運転パルス速度(f2)を求める

機構条件と、フルステップ時の運転パルス数(A)をもとに、フルステップ時の運転パルス速度(f2)を求めます。

加減速レートの計算例2(タイミングベルト・プーリー)

機構条件
  • t0(位置決め時間) : 0.4 [s]
  • f1(起動パルス速度) : 0 [kHz]
  • t1(加速(減速)時間) : 0.1 [s]
加減速レート(TR)を確認する

フルステップ時の運転パルス数(A)と運転パルス速度(f2)をもとに、加減速レート(TR)を求め、値を確認します。

運転パルス速度 [kHz] f2 = 3.333 加減速レートの目安
(参考値)
[ms/kHz]
RKS566 20以上
起動パルス速度 [kHz] f1 = 0 RKS569
加速(減速)時間 [ms] t1 = 100 RKS596 30以上

加減速レートの計算例3(タイミングベルト・プーリー)

選定した、RKS566RKS569は、加減速レートが20[ms/kHz]以上、RKS596は30[ms/kHz]以上のため、使用可能です。

加減速レート(TR)を確認する

3-2. 運転パターンの確認で設定した運転パターンをもとに、加減速レート(TR)を確認します。

運転パルス速度 [kHz] f2 = 0.333 加減速レートの目安(参考値)
[ms/kHz]
20以上
起動パルス速度 [kHz] f1 = 0
加速(減速)時間 [ms] t1 = 100

加減速レートの計算例(インデックステーブル)

選定したRKS566は、加減速レートが20[ms/kHz]以上のため、使用可能です。

次ページでは、選定したモーターのイナーシャ比を確認します。

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る