ステッピングモーターの基礎

ステッピングモーターの特徴や構造・動作原理、特性の見方などの基礎的な内容をご説明します。

3-2. 運転パターン

ステッピングモーターを運転するときのパターンです。

運転パターン

自起動運転パターン
加速・減速時間を設けることなく、瞬時に起動停止させる運転です。
この運転は、最大自起動周波数よりも低速側の領域(自起動領域)でのみ可能です。
加減速運転パターン
加速・減速時間を設け、パルス速度を徐々に上げる(下げる)運転です。
この運転は最大自起動周波数よりも高速側(スルー領域)まで使用可能です。台形駆動とも呼びます。

内容についてご不明点はありませんか?お気軽にお問合せください。

製品を選ぶ

ページの先頭へ戻る