沿革

  • 2006 - 変革と飛躍
  • 2001 - 2005 さまざまな動きへの対応
  • 1996 - 2000 進出と開拓
  • 1989 - 1995 進化と拡大
  • 1979 - 1988 総合モーターメーカーへの飛躍
  • 1958 - 1978 変化と発展
  • 1951 - 1957 標準化の推進と基礎づくり
  • 1885 - 1950 創業から設立まで

1958~1978 変化と発展

日本の産業の発展とともに、モーターは通信機器などの信号用から、高トルク、高強度が求められる動力用モーターへと変化。そして、「どの方向にも回る」「瞬時に止まる」「速度が変わる」動力装置となっていきました。

技術・製品のあゆみ
会社の歩み
  • 電算機向け8インチフロッピーディスクドライブモーターの開発。


(右上)
8インチ フロッピーディスク
(右下)
3.5インチフロッピーディスク
(左)
フロッピーディスク ドライブ本体

1978
  • アメリカに現地法人設立。
  • スピードコントロールモーター開発。
1974
  • 台東区小島町に東京支店設立。
  • ラベル印刷機業界からのニーズに応え、ブレーキパックSB51を開発。

SB51
SB51

1971
1967
  • 本社を豊四季に移転。
  • プライベート展示会・モーターフェアを初開催。
  • Kシリーズの発売。
  • 国産電算機向けに小型(薄型)ファンMRQシリーズを発売。

KシリーズとギヤヘッドGKタイプ
Kシリーズと
ギヤヘッドGKタイプ

MRQ12
MRQ12

1966
  • 技術情報誌「レンガ」の創刊。

  • Qシリーズの発売。
    外鉄構造やヘリカルギヤの開発により複写機業界からのニーズに対応。

Qシリーズ
Qシリーズ

1963
1962
  • 千葉県に豊四季事業所を建設し量産ラインに対応。
1960
  • 株式会社オリエンタルサービスを設立。
1959
  • 第1回モートルショーに初出展。