企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2011年11月7日

使いやすさを追求
新しいスピードコントローラMSC-1 新発売

オリエンタルモーター株式会社(取締役社長 倉石芳雄:東京都台東区東上野4-8-1)は、ACモーターの回転速度を制御する新しいスピードコントローラMSC-1 を発売します。新設計により、コンパクトなサイズ、速度変動率の向上を実現し、より使いやすさを追求しました。

*写真手前 MSC-1

概要

スピードコントローラMSC-1 は、ACスピードコントロールモーターの回転速度を制御するスピードコントローラです。弊社のACスピードコントロールモーターと組み合わせることで、簡単に速度制御することが可能です。
MSC-1 は、制御回路をCPU 制御にしたことにより、速度変動率の向上、幅広いモーター出力への対応などが可能になりました。また、従来品と比べて体積比で約45% を削減するなどのコンパクトなサイズを実現し、装置の省スペース化にも貢献します。
高い速度変動率やノイズの抑制などの特性をもち、高機能・高性能ながらお求めやすい価格を実現しました。
FA市場での速度制御の用途に幅広くお使いいただけます。

特徴

(1)コンパクト設計

新設計により名刺サイズのコンパクトなサイズです。
当社従来品と比べ、体積で約45% 減を実現しました。

(2)速度変動率(対負荷)が向上

制御回路をCPU制御にしたことにより、対負荷速度変動が向上しました。
負荷トルクが変動しても、安定した運転が可能になります。

(3)コントローラからの発生ノイズを少なく

MSC-1 は、位相制御方式を採用し、モーターへの供給電圧の大きさを制御することでモーターの回転速度を制御しています。モーターへの供給電圧の大きさと周波数を制御するインバータのPWM 制御に比べ供給電圧の頻繁なON/OFFがなく、ノイズの発生が少なくなります。

(4)幅広い電圧とモーター出力に対応

単相100V ~ 230V までのマルチ電圧でワールドワイドにお使いいただけます。
モーター出力6W ~ 90Wまでのスピードコントロールモーターに1 機種で対応できます。

(5)充実の運転パターン

スピードコントロール、瞬時停止、正逆運転、スロースタートスローダウン、2 速運転と、充実した運転パターンに対応しています。

(6)アラーム出力機能を装備

過負荷時のモーターロックや発熱異常時にアラーム信号を出力し、モーターへの電力供給を停止します。装置の信頼性も向上します。

(7)スピード出力機能

モーターの運転に同期して、モーター1 回転あたり12 パルスの信号を出力、モーター回転速度の算出が可能です。

拡販を狙う市場

装置の小型化、軽量化、回転速度変動率を気にされるお客様に広くPRします。
搬送機器、包装機器、自動化機器など、幅広い用途に拡販します。

販売目標

2,000 台/月

発売日

2011年11月9日

種類と価格

スピードコントローラ MSC-1 8,400 円
*当社のACスピードコントロールモーターと組み合わせてお使いになれます。

以上