企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2014年5月27日

スピードコントロールモーターユニット D-loop
DSCシリーズ新発売

オリエンタルモーター株式会社(取締役執行役員社長:野村重幸 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、手軽にACモーターの速度制御ができるスピードコントロールモーターユニット D-loop DSCシリーズを新発売します。

(写真左から)スピードコントローラ、標準タイプ/平行軸ギヤ、直交軸・中空軸ギヤ、電磁ブレーキ付タイプ

概要

スピードコントロールモーターユニット D-loop DSCシリーズは、速度制御用のACモーターとスピードコントローラのユニット製品です。
今回発売するD-loop DSCシリーズのスピードコントローラは、ACモーターに搭載したレートジェネレータで回転速度を常に監視し、負荷が変動しても設定した速度に回転速度をコントロールするため、速度変動率(対負荷)±1%と信頼性の高い制御を実現します。また、回路をデジタル化してCPUに取り込み、回路部品を大幅に削減し、一般的なインバータと比べて63%小型化しました。小型で高信頼性の速度制御を実現し、安く簡単に速度制御したいニーズにお応えしていきます。

特徴

1.クローズドループ制御

ACモーターに搭載したレートジェネレータで回転速度を常に監視します。負荷が変動しても設定した速度になるよう回転速度をコントロールするため、負荷変動があっても設定速度どおりに動く高い信頼性を実現しました。

2.安定した速度制御が可能

回路のデジタル化により速度指令値と速度検出値の偏差をゼロに近づけることが可能になりました。そのため速度変動率が、従来品と比べ、-5%から±1%へ向上しました。
*指令速度1000r/m、負荷率80%のとき。

3.設定・設置が簡単

コントローラ正面に操作パネルを搭載し、操作設定やさまざまなモニタ表示が可能なので、設定が簡単です。また、モーターとドライバはコネクタで接続するだけですI/Oなどの配線は圧着、ねじ締め不要のスクリューレスです。はんだ付けや圧着工具、ねじの締め付けトルク管理が不要になるので、配線時間やメンテナンスの手間を削減します。

4.バリエーション豊富

モーターは、平行軸ギヤヘッドタイプや丸シャフトタイプに加え、直交軸ギヤードタイプ、電磁ブレーキ付タイプもラインアップしました。幅広い用途に対応できます。

5.速度制御で上下運転可能(電磁ブレーキ付のみ)

おもに上下駆動の動作において、ワーク重量、外力のかかる下降時でも速度制御できるようブレーキ制御します。モーターからフィードバックされる信号と指令回転速度の差を見てブレーキ力を調整します。


*D-loop(ディーループ)について
当社独自の技術を採用した速度制御用ACモーターとスピードコントローラです。
クローズドループ制御による高信頼性と、位置制御回路のデジタル化によるスピードコントローラの小型化を実現しました。

種類と価格(税抜)

 モーター

 ギヤタイプ

 出力

 定価

 標準タイプ

 丸シャフト

 6W・15W・25W・40W・60W・90W

 17,100円~25,400円

 平行軸

 21,950円~37,650円

 直交軸

 25W・40W・90W

 29,200円~51,750円

 電磁ブレーキ付タイプ

 平行軸

 6W・15W・25W・40W・60W・90W

 29,000円~49,200円

拡販を狙う市場

計量装置や搬送機器、食品機械など産業用に幅広く拡販します。

販売目標

DSCシリーズ全体で、3,000台/月

発売日

2014年5月27日