Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

取り付けについて 電動スライダ

電動スライダの取り付けについて

取付方法

EZSIIシリーズ/EZSIIシリーズ クリーンルーム対応

取付ねじでスライダのベース面(①)またはテーブル面(②)から取付板に固定してください。②の場合、ねじの長さは取付板の厚さ+6mm以下としてください。

①ベース面からの固定

ご注意

取付板の平面度はガイド長さ200mmあたり0.06mm(EZS3は0.05mm)以下としてください。
水平で負荷モーメントがかからない取り付け以外は、スライダ底面のすべての取付穴を使用して固定してください。
スライダ内部に入るねじの長さが6mmを超えると、ねじが本体に接触して、動作不良や破損の原因になります。
②テーブル面からの固定

●取付基準面の使用方法

スライダを取り外し再び取り付ける場合に、位置の再現性を確保するときは、スライダのベースに用意された取付基準面を使用してください。

スライダ設置面にピンを打ち、スライダの取付基準面をピンに突き当てて位置決めしてください。
ESR/SPVシリーズ

1. 付属の取付ねじで取付板に固定してください。

ご注意

スライダを取り付ける場合、テーブルが取付穴の上にあるときがありますので、テーブルを手で移動させてください。
モーターの機構部にESR3は4.5mm、ESR4は1mmの段差があります。上図のようにモーター部が取付板に接触しないように取り付けてください。

ご注意

スライダを取り付ける場合、テーブルが取付穴の上にあるときがありますので、テーブルを手で移動させてください。
ただし、電磁ブレーキ付の場合は、電磁ブレーキを解除してからテーブルを移動させてください。

2. スライダ取り付け後、付属のカバー取付ねじ4本で、フレームカバーを取り付けてください。

EZXシリーズ
1.
スライダのフレームに用意された取付穴を使って、付属の取付ねじ(M6×35)で取付板に固定します。

ご注意

スライダを取り付ける場合、テーブルが取付穴の上にあるときがありますので、テーブルを手で移動させてください。
ただし、電磁ブレーキ付の場合は、電磁ブレーキを解除してからテーブルを移動させてください。
2.
スライダ取り付け後、フレームカバーを取り付けます。
フレームカバーをフレームカバー取付金具の上に置き、付属のカバー取付ねじ(M5×6)で固定してください。

●取付基準面の使用方法

メンテナンスなどでスライダを取り外し再び取り付ける場合に、位置の再現性を確保するときは、スライダのフレームに用意された取付基準面を使用してください。

取付条件

スライダは以下の条件のところに取り付けてください。この範囲外で使用すると製品が破損するおそれがあります。

屋内(この製品は機器組込用に設計、製造されたものです)
使用周囲温度:0~+40℃(凍結のないこと)
使用周囲湿度:85%以下(結露のないこと)
爆発性ガス、引火性ガス、腐食性ガスがないところ
換気が良好なところ
直射日光が当たらないところ
ほこりがかからないところ
水、油などがかからないところ
放熱しやすいところ
連続的な振動、過度の衝撃が加わらないところ
電磁ブレーキ付は停止時の負荷保持用にお使いください。制動には使えません。

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー