Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

ステッピングモーターの基礎

1. ステッピングモーターの特徴

1-2. システム構成

ステッピングモーターの運転システムには、ステッピングモーター、ドライバ、コントローラの3点が必要です。
ステッピングモーターは上位コントローラからモーターへ指令が一方向に伝達される「オープンループ制御」で回転します。

<パルス列入力タイプ>

ドライバに外部のコントローラ(パルス発振器)からパルスを入力します。

パルス列入力タイプ

<位置決め機能内蔵タイプ>

ドライバにコントローラ(パルス発振器)の機能を内蔵しているため、コントローラが不要となります。

対応製品のラインアップはこちら

位置決め機能内蔵タイプ

■コントローラ
ステッピングモーターの回転量、回転速度を指令するパルス信号を出力します。
■ドライバ
パルス信号に応じてステッピングモーターの回転を制御する駆動回路です。
■パルス信号
矩形状の電気信号で、ステッピングモーターの回転量と回転速度を制御するために必要です。
 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー