データ設定ソフトMEXE02 かんたん設定・かんたん動作

かんたんデータ編集 / 保存テスト機能モニタ / 診断機能
データ設定ソフト MEXE02 ダウンロード

かんたんデータ編集 / 保存

運転データの編集やパラメータの設定などの基本的な設定をおこないます。
また、シリーズは、シーケンス制御も可能(位置決め機能内蔵タイプのみ)であり、
かんたんな動作であれば、上位システムがなくても実現できます。

立ち上げ時に

単位系設定ウィザード

移動量や速度などを、任意の単位で表示・入力するための機能です。使用する機構にあわせた単位(mm、deg)に表示・設定ができるので、単位換算の手間が省略でき、運転データの入力が簡単になります。

ユーザー単位系設定支援ウィザード

シーケンス制御を利用したアプリケーション例(位置決め機能内蔵タイプ)

単軸の往復運転をする場合の設定例

ループ機能と位置オフセットを組み合わせた動作です。繰り返しの往復運転や、毎回、決まった量だけオフセットさせる運転のときには、上位コントローラが必要ありません。整列搬送用途や寿命・耐久試験をおこなうときなどに便利です。

データの設定方法を動画でご紹介しています。
詳細は「使い方ナビ」をご覧ください。

データ設定ソフトMEXE02を使用したアプリケーション例
ページトップへ戻る

テスト機能

上位システムとの接続確認や、モーター単独で運転することができる機能です。
装置立ち上げ時に使用することで、時間短縮につながります。

立ち上げ時に

ティーチング・リモート運転

データ設定ソフト上から、モーターを駆動させることが可能です。上位システムと接続する前に、ティーチングや試運転など
がおこなえるため、装置の立ち上げ時間の短縮に貢献できます。

ティーチング・リモート運転

I/Oテスト

入力信号のモニタと、出力信号の強制出力をおこなえます。
位システムとの結線や、ネットワークI/Oの動作を確認すると
きに便利な機能です。

I/Oテスト
ページトップへ戻る

モニタ/診断機能

モーターの運転状態などを確認するための豊富なモニター機能が搭載されています。
それぞれのシーンにあわせて使い分けることで、
装置の立ち上げ・調整時間の短縮につながります。

立ち上げ時に

I/Oモニタ

ドライバに配線されているI/Oの状態が、パソコン上で確認できます。配線後のI/Oチェックや、動作時のI/Oチェックにご使用ください。

I/Oモニタ

波形モニタ

オシロスコープのようにモーターの運転状態(指令速度、モーター負荷率など)を確認できます。装置の立ち上げや調整時などにご使用ください。

波形モニタ

異常対応や保守点検時に

アラームモニタ

異常が発生したときに、異常の内容と対処方法が確認できます。対処方法が確認できるので、スムーズに異常対応ができます。

アラームモニタ

ステータスモニタ

モーター、ドライバの温度や負荷率、使用開始時からの積算回転量などがモニタできます。それぞれの項目で任意に信号を出力させるタイミングを設定できるので、効率的な予防保全がおこなえます。

ステータスモニタ
データ設定ソフト MEXE02 ダウンロード
ページトップへ戻る