Orientalmotorオリエンタルモーター株式会社

おしえて!照代さん

「騒音値にも、ルールがあるんですね!」

学くん
前の通りの道路工事、長びいてますね。うるさくて仕事になりませんよ。
照代さん
ほんとね。こういうのを「騒音」っていうのよね。
学くん
でも窓を閉めてしまうと、まだまだ暑いしなあ...。
照代さん
ショールームのプロペラファンでも借りてきたら。(笑)
学くん
・・・また、いじめるーう。
そうだ、騒音っていえば、総合カタログのファンのページに騒音値が掲載されていますね。
照代さん
そうよ。ファンの用途は幅広いでしょ。工場だけでなく、事務所や病院でも使われたりするから、騒音値が採用のポイントになる場合もあるのね。ところで、騒音値って、ファンの吸込側から1mの距離をおいてAレンジで測定した値だって知ってた?
学くん
えっ、Aレンジってなんですか?
照代さん
私たちの耳は一般に20Hz~20kHzまでしか聞き取れないと言われているの。だから騒音値を人間の聴感に近くなるよう補正していて、これをAレンジというのよ。
学くん
知らなかった! さすがだなあ、照代さん。じゃあ、あの道路工事の騒音はAレンジでどのくらいなんでしょうね。
照代さん
そうねえ・・・、一般的に工事などの騒音は110dBくらいあるわ。ちなみに、オリエンタルモーターのファンは静かな公園と同じレベルの40dB前後よ。
学くん
へぇ~。でも音って聞く場所によって聞こえ方が違ってきますよね。
照代さん
そうね。騒音値は測る距離によって変わるから、カタログには必ず測定箇所と何mの測定距離をおいて測定したかを明記しているのよ。
学くん
本当だ。オリエンタルモーターのファンは吸込側から1mの距離で測定したもの、と明記していますね。
照代さん
測定距離が異なれば値もかわってくるでしょ。比較するときは必ず測定距離を確認する必要があるってことね。
学くん
dBが低いから騒音値も低いと思っていても、測定距離が離れているだけだった、ってこともありえますね。
照代さん
だからその点は気をつけないといけないの。騒音値と距離には規則性があるのね。例えば測定距離1mを倍の2mにして測定すると騒音は6dB下がり、4m離れるとさらに6dBさがって12dB下がることになるの。反対に測定距離が1mから50cmになると騒音値は 6dBあがるのよ。
学くん
へぇー! ということは、ある距離においての騒音値がわかっていれば、異なる距離の騒音値も推定できるわけですね。
照代さん
そうよ。詳しい計算方法は、オリエンタルモーターホームページの「ファンのQ&A」に載っているから確認してみてね。
学くん
わかりましたっ! さっそく見てみます。
照代さん
あら、お話ししているうちに工事の音がなくなったみたい。
学くん
(ぐうぅぅぅ)
照代さん
今の学くんのおなかの音はAレンジで30dBってとこかしら。もうお昼の時間ね。
学くん
どおりでおなかぺこぺこなわけですよ。照代さん今日は何食べにいきますか?
一覧へ戻る
 
 

モーターに関する"豆知識"をメールマガジンで受け取る

サポート/お問い合わせ

  • お客様ご相談センター
  • Q&A
  • メールでのお問い合わせ
  • 最寄りの支店・営業所

製品を選ぶ

ご購入/お見積

  • オリエンタルモーターWEBショップ
  • 電話・FAX・メールでのご注文・お見積
  • 総合カタログのご請求
  • 最新情報をお届けします メルマガ・情報誌
  • オリエンタルモーターWEBサイト 活用ナビ
  • ORIM VEXTA オリムベクスタ株式会社
  • おすすめ製品や活用事例 製品トピックス
  • 技術サポートツール
  • 教えて!照代さん
  • おりろぐ
  • 動画ライブラリー