企業情報ニュース

企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2018年1月17日

香川県高松市の中学校で出前実験教室を実施

オリエンタルモーター株式会社(代表取締役執行役員社長:川人英二 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、1月23日・30日に香川大学教育学部附属高松中学校(香川県高松市鹿角町)でステッピングモーターを使った理科の出前実験教室を行います。

出前実験教室
実施日 1月23日(火) ・30日(火)
実施先 香川大学教育学部附属高松中学校 (香川県高松市鹿角町394番地)
時間 13:40~15:30 (5・6時間目50分×2コマ )
実施学年・生徒数 中学2年生・121名※
スタッフ オリエンタルモーター 社員17名(2チームに分かれて授業を担当)

※1月23日:2チームが同じ時間帯に40人クラスで実施
 1月30日:2チームが同じ時間帯に20人クラスで実施

背景

2016年度に山形県鶴岡市の中学校で、鶴岡にある当社事業所に勤務する2年目社員による「わくわく社員研究会」を初めて開催しました。社員は、ブラシレスモーターの実験教室を通して会社のことを学び、中学生は、モーターの動作原理や進化している実際のモーターを知ることで、未来について考える機会となりました。2017年度は、この活動地域を広げ、当社の高松香西事業所と高松国分寺事業所で開発・製造しているステッピングモーターの実験教室を高松市の中学校で開催します。高松香西事業所と高松国分寺事業所には、高松市など地元出身者が新卒・中途採用含め大勢勤務しています。しかし、入社タイミングが異なることから会社のことを学ぶ機会が異なったり、同期としての意識が薄かったりしていました。そこで、入社2年目社員(2016年入社/社員登用を含む)を中心に、高松市の中学校でステッピングモーターの実験教室を行うことを課題とした「わくわく社員研究会」を2017年7月に企画しました。

目的

「回るだけじゃない!? 進化型モーターを体験しよう!」を大きなテーマとし、どんな実験教室をつくりあげるか、自分たちの力で考え実施する社員向けの教育のひとつです。同時に、高松市にある製造業の企業の魅力に子どもたちが気づき興味を持つことで就職の際の選択肢を広げ、県外就職に歯止めをかけることに期待できる社会貢献活動として「わくわく社員研究会」を実施します。

ねらい

実験教室を通して自分たちの会社のことをどのようにわかりやすく伝えられるか考えることにより、社員の会社帰属意識の向上と、社員間の絆を深めることをねらっています。また、中学生は教科書で学ぶモーターとは異なる進化型モーターについて学び、未来のモーターと自分たちの暮らしについて考え、モーターと関わりながら働く社員と会話することでさらに視野が広がることを期待します。

おもな授業の流れ

講義:進化型モーターを学ぼう

  • 実験① モーターを分解してステッピングモーターの構造を調べよう
  • ・DCモーターとステッピングモーターの仕組みの違い
  • 実験② ステッピングモーターを回してみよう
  • ・手動でうごかしてみよう
  • ・コントローラを使って動かしてみよう
  • 実験③ ステッピングモーターの観察
  • ・パーツを観察してみよう
  • ・ステッピングモーターのしくみと長所を学びます
  • ディスカッション:モーターの進化で学校生活はどう変わるだろう
  • ・発表

詳細

地元中学校で実験教室を担当するスタッフは、新卒・中途採用を含む入社2年目を中心とする社員です。普段から製品に関わる技術、製造部門のほか、総務や生産企画といった間接的な仕事の者もいます。入社タイミングがそれぞれ異なるため、会社のことを知る機会も人によって異なり、また、会社生活で大切な同期としての意識も希薄でした。

今回、「わくわく社員研究会」を実施することであらためて自分たちの仕事や、社会とオリエンタルモーターについて掘り下げて考え、また、中学生とのコミュニケーションを成功させるためにはどうしたらよいか、チームで考えて中学校での実験教室にのぞみます。

Aチームの伝えたいメッセージは「自信をもってつくった製品が、陰で皆の生活を支えていること」、

Bチームは「自分たちの携わるモーターが人々の幸せに貢献している」です。

各チームが講師役と、班分けされた生徒につくTA(テクニカルアドバイザー)を決めて実験教室を実施し、モーターの原理や社会とモーターの関わり、企業のなかのさまざまな仕事について中学生に伝えます。

授業の最後には、「モーターの進化で学校生活はどう変わるだろう」をテーマにディスカッションを行い、生徒たちに1分間で発表をしていただく予定です。

「わくわく社員研究会」は、社会貢献と社員教育の二面性をもつオリエンタルモーターの取り組みです。今後も地域とともに成長していきたいと考えています。

【協力】株式会社リバネス

ページの先頭へ戻る