企業情報ニュース

企業情報ニュース

企業情報ニュース一覧へ戻る

2018年3月22日

AC小型標準モーターKⅡSシリーズに新タイプ追加

オリエンタルモーター株式会社(代表取締役執行役員社長:川人英二 本社:東京都台東区東上野4-8-1)は、AC小型標準モーター 三相高効率インダクションモーター KⅡSシリーズに、食品機械用H1グリース対応ギヤヘッドを採用した製品を新たにラインアップしました。

KⅡSシリーズ H1グリース対応

背景

「⾷の安⼼・安全」に対するニーズが高まるなか、⾷品や容器などを搬送する⽣産設備では、食品機械用H1グリース対応の要求が増えています。H1グリースは、NSF(国際衛生化学財団※1)に「偶発的に食品に接触する可能性がある用途に使用できる潤滑油」のカテゴリーに登録されている潤滑剤です。インバータとの組み合わせでも高性能を実現する三相高効率インダクションモーターKⅡSシリーズ 60Wに、食品機械用H1グリース対応品を追加しました。

※1  NSFは米国に本部を置く、公衆衛生および環境に関わる、基準の開発、製品の認証、監査、教育、リスク管理などのグローバルサービスを提供する国際的な第三者認証機関。

特徴

(1)食品機械用H1グリース対応現
ギヤヘッドのオイルシール、軸受、歯車にH1グリースを使用しています。
(2)ステンレスシャフトを標準装備
出力軸には、防錆・耐食性に優れたステンレスを使用しています。また、平行キーや取付用ねじにもステンレスを使用しています。
(3)保護等級IP66仕様
モーター部、ギヤヘッド部、端子箱部のシール構造を強化し、保護等級IP66を実現しました。
定期的に水洗いすることのある設備など、水がかかる環境で使用できます。

KⅡSシリーズの特徴

(1)高効率
最適な磁気設計と専用部品の採用により、最大効率が73%の高効率な三相モーターです。
損失を大幅に低減し、モーターの出力アップやファンレス化などを実現しました。
(2)高特性
三相モーターに求められる仕様を追求し、設計を見直して、特性が改善されました。
負荷が大きくなっても速度の低下が少ない高特性のモーターです。
(3)インバータとの使用に最適
・幅広い速度範囲
インバータを使って3~120Hz(※)までの幅広い範囲で速度を制御できます。また、特性が改善されたことで、低速域でも高トルクを発揮できます。※品名によって速度の制御範囲が異なります。

・速度安定性が向上
負荷が大きくなっても速度の低下が少ないモーターのため、安定した速度制御が可能です。

・モーターの駆動音が低減
従来のファン付モーターでは回転時のファンの騒音やインバータを使って駆動したときの共振音などが発生することがありました。ファンレス化によってモーターの静音化につながります。

・高速回転に対応
丸シャフトタイプでクリープフリーベアリングを採用するなど、インバータ制御での高速回転に対応できる部品の選択や設計をおこなっています。
(4)配線しやすい薄型端子箱を搭載
端子箱付タイプは、端子台に配線する作業がしやすいよう、高さ40mmと薄型でケーブルの引き出し口を90゜単位で4方向に変えられます。

種類と価格(税抜)

AC小型標準モーター 三相高効率インダクションモーター
KⅡSシリーズ 食品機械用H1 グリース対応ギヤヘッド

出力 電源電圧 配線タイプ ギヤヘッド減速比 定価
60W 三相200V 端子箱付 5、9、15、18、30、
50、100、180端子箱付
27,700円~29,500円
三相220/230V 28,000円~29,800円

モーターにギヤヘッドを組み付けたコンビタイプです。

拡販を狙う市場

食品工場、食品容器などを製造する生産設備、搬送装置

販売目標

3年後 H1グリース対応ギヤヘッド全体で1万台/年

発売日

2018月3月16日

ページの先頭へ戻る